ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

転職活動

実力が給与に反映される企業の営業職は優良企業なのか

投稿日:

実力主義

20代でも高年収を稼ぐ事ができる企業も沢山あります。言葉通り、実力があり、結果を出す事ができる人なら、20代で年収1千万円近くの給与を提示するような企業を探す事も出来ます。

 

しかし、そのような条件を提示してくれる企業で働く場合は、基本的には営業職になります。

 

個人に対して、それとも法人に対しては企業次第ですが、営業という数字で企業に対する貢献度を一番把握しやすいからこそ、企業側も高年収を提示する事ができると言えます。

 

では、このような企業が優良企業なのかと言われると……それは、働く人次第としか言えません。

スポンサーリンク

求人に記載されている魅力的な言葉だけ応募しない

高年収を目指せる営業職の求人には、「20代でも年収1千万円を目指せる」といったPRや、年収例などを記載していることもあります。

 

また、企業のホームページなどを調べると、実際に結果を出した20代の若手の希望に満ち溢れた魅力的な体験と企業の仕組みの良さを謳っていることも珍しくありません。

 

結果を出しても、年功序列によって、ちょっとボーナスに上乗せされることが一般的な日本の会社の中では、実力が評価されて、給与に実際に反映されるというのは、それだけ魅力的と言えます。

 

しかし、結果を出すことができなければ……地獄と化すこともあります。

 

営業は、結果が全てです。契約を取れて、数字を出す事ができるか否かです。頑張ったという過程などは関係ありません。

 

ルート営業などは、固定客の元に足を運び、必要に応じて新しい商品やサービスを紹介するので少し違いますが、新規開拓していき、自分だけの固定客を見つけて結果を出していく営業の場合は、言葉通り実力で数字を出していく必要があるのです。

 

研修などもありますが、それで皆結果をだすことできる訳もありません。

 

そして、企業側も営業スキルが育っていくまで、ずっと待ってくれる訳ではありませんし、働いている側にとっても限界があります。

結果が出なければ働き続けることができない

年功序列のデメリットは、結果を出しいっても、給与体系が決まっているため、出世することができても、一気に給与が上がるケースが少ない事です。

 

一方で、年齢に見合った能力を得られるように、企業側が長い目で育ててくれますし、すぐに結果を出せる人材になると期待していることも少ないです。

 

あくまでも、長期的な目で人材を育成していく方針をとっていることが多いです。

 

営業の場合でも、インセンティブが低い、または評価はされても、給与には影響をほとんど与えない場合は、上司などがしっかりと育ててくれたり、扱っている商品やサービスによっては、1年目などは、ほとんど契約を結ぶことができなくても、長い目で見てくれたり、向いていないと判断されたら他の部署に異動させることも検討してくれます。

 

しかし、結果に見合った給料を出すことを前提にしている企業のほとんどは、育てるのではなく、自分で成長して、素早く結果を出す事ができた人に報酬を与えて、結果を出す事ができない人は切って行くスタイルをとる事が多いです。

 

最初の数カ月は給与保障などをつけてくれる企業もありますが……それ以降は、契約が取れなければ、中小企業の新卒の初任給程度しか貰えないようなことも珍しくありません。

 

そうなると、結局は周りと比較されたり、上司からの小言などによって、働きにくくなり退職して行かざるを得なくなります。

 

ブラック企業とは言えませんが、結果を出せなかった人からしたら、突き放されて、企業から価値を認めて貰えなくなるので、精神的にこたえます。

 

そのような逆境を糧にできる人でしたらいいのですが、折れてしまうような人も多いです。

 

試しに挑戦する事も悪くもありません。しかし、もし自分には無理だと感じたら、自信を完全に失ってしまう前に辞めることも大切になると言えます。

一般的な日本人に実力主義は向いていない

日本の企業は、前述したように、若者を育てていくことを前提にした仕組みを作っていることが多いです。

 

だからこそ、最初は若者に対して、企業に対して直接的な利益をだすことを期待しませんし、将来のために投資しているという感覚が根強いです。

 

そのため、若者が結果を出した方といって、給与に大きく反映することもありません。それは、既に若者に対して給与以上の投資をしていると判断してくるからです。

 

給与体系が年功序列を前提にしているのも、企業が育てていく意識を持っているからとも言えます。

 

そして、大半の学生も、企業側に即戦力として活躍するのではなく、少しずつ成長していきながら、企業に貢献して、給与が年齢と共に上がって行くことを念頭に就職することを前提にしています。

 

そのため、実力主義前提の企業は、日本人にはあまり向いていないとも言えます。

 

もちろん、実力主義のスポーツで鍛えられていたり、結果を出して上を目指すことを好む日本人も沢山います。ただし、全体を見れば少数はでもあります。

 

そして、問題なのは、学生生活の中で、そして年功序列の企業で、明確に実力を比較された上で、報酬によって自分の能力の高さや低さを明確にされる機会が少ないことです。

 

そのため、実力主義の仕事が自分に向いているのか、否かを判断しにくいと言えます。

 

給与が低いから、実力主義の企業に転職してみたら、日々ノルマに追われる生活と、プレッシャーで就職・転職を後悔する人もいます。

 

そのため、仕事の結果のみが評価され、給与に明確な差が発生する企業で働く場合は、それを楽しむことができ、やりがいに感じられるかのかどうか本気で考えた上で挑むようにしましょう。

 

そして、向いていないと感じたら、素早く逃げる事も考えてください。

 

粘って結果を出す事に成功する人もいますが……無駄に時間を消費してしまう人も非常に多いので注意してください。

スポンサーリンク

-転職活動

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.