ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

会社の待遇に不満・疑問

他の社員よりも早く帰宅する事に罪悪感や不安を感じる

投稿日:

早く帰宅したいけど、他の同僚や上司が残っている中で帰るのは罪悪感を感じるし、自分のいないところで文句を言われるのではないか…と不安に感じる人もいらっしゃると思います。

 

自分よりも早く帰宅する人に対する考えについては、人それぞですが、仕事が残っているのに帰宅したり、チームを組んで働いているのに他のメンバーの負担を考えずに帰宅するといったことを除くのでしたら、意外に不満を感じる人は少ないと思います。

 

これは、同僚・上司問わないと思います。

 

自分の1日の仕事を終わらせたのでしたら、定時で帰るべきです。

 

無駄に残業をすれば、企業は残業を支払う必要があるので、ダラダラと残業されるよりも、企業にとってもメリットは大きいと言えます。

 

しかし、企業の慣習で残業する人を理由問わずに評価するような、時代に取り残されているような企業が存在するのも事実です。

 

そのような企業で働かざるを得ないのでしたら、本来は定時で終わらせる事ができる仕事を、残業して終わらせる必要があると言えます(下手に早く終わらせると仕事を増やされる可能性があります)。

 

ただ、最近は若者を中心に無駄な残業に対して悪いイメージを持つ傾向が強くなっていますし、サービス残業に対する監視も厳しくなっていることもあるので、無駄な残業が少しずつ減っています。

 

企業によっては、残業をせずに仕事を終わらせる事ができた人を評価して、手当を支給する人こともあります。

スポンサーリンク

早く帰れる環境があるなら罪悪感など感じずに帰る

周りよりも早く帰っても何か言われたりしない環境があるのしたら、罪悪感を感じたり、不安を感じて帰宅時間を伸ばす必要はありません。

 

むしろ、帰れるのに帰れない環境ができてしまう可能性があるので、職場環境を悪くさせる可能性があります。

 

一番良いのは管理職の上司などが積極的に帰宅することですが、役職が重い程に仕事量も増えるので、簡単に帰宅できない事もあります。

 

だからといって、自分の部下が仕事を終わらせて帰宅することに不満を感じる上司は、ブラック企業でなければ少ないです。

 

早く帰宅できるのに帰宅することに社員が罪悪感を感じたり、不安を感じるような職場になったら、誰も早く帰れなくなる上でに企業の人件費も無駄に増えると何も良い事が無いと思いましょう。

 

ただ、前述した要に企業には慣習的な要素もあるので、その辺りはしっかりと見極める必要があるのも事実なので注意してくださいね。

他の社員の手伝いをするために残業することは間違いなのか

プロジェクトチーム等を組んでいるのでしたら、当然ですがお互いにサポートし合う事は大切なので、一人だけ帰宅することはオススメしません。

 

ただ、チームなど無く、それぞれ別々の仕事をしているのでしたら、残業をしてまでお手伝いするべきどうかは難しい判断と言えます。

 

新入社員でしたら上司に対して、手伝えることがないか最初の内は確認して置いた方が残業に対する会社の意識なども把握できるので、定時になり仕事が終わっても一応確認するとよいと思います。

 

ただ、他の同僚や担当の上司でもない先輩社員にまで個別に手伝えることがないか確認する必要は無いと思います(上記から確認するように言われたら別ですが)。

 

もし、上司に自分の仕事が終わったら帰宅して良いと言われたのでしたら、他の社員が働いていても、さっさと帰宅した方良いと言えます。

 

担当の上司が常に職場おらず、自分の判断で帰宅できる立場の上で、残業してまで他の社員を手伝うべきなのか…と言われると状況によると言えます。

 

単純に仕事の効率が悪い人の手伝いをする必要は無いと個人的に思います。

 

ただ、緊急の事態や繁忙期などで、特別その人が忙しいのでしたら、将来的に助けて貰えることを考慮して、手伝えることがないか確認しても良いと思います。

 

一番怖いのは、一度手伝うと手伝って当たり前という職場環境が組み上がってしまうことと言えます。

 

そのため、残業が常態かしているような人の手伝いを上司の指示なく、勝手にする必要は個人的には無いと思いますよ。

スポンサーリンク

-会社の待遇に不満・疑問

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.