ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

会社の待遇に不満・疑問

ワーキングプアから抜け出したい

更新日:

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s

ワーキングプアは、「働く貧困層」とも呼ばれており、一般的には年収200万円以下の労働者を指します。

 

そのため、雇用形態で区別する訳ではありません。

 

正社員として働きたいけど、年齢・家庭・健康面などの事情から正社員として働けない労働者。

 

また、正社員として働いているけど、アルバイトやパートと変わらない、または時給換算にするとアルバイトやパートよりも少ない給料しか貰えないブラック企業で働く労働者…ワーキングプアに当てはまるケースは様々です。

 

特に非正規雇用労働者である男性は約6割、女性は7.5割が年収200万円以下となっていることから、派遣社員やパート・アルバイトのワーキングプア…貧困は深刻と言えます。

スポンサーリンク

ワーキングプアから抜け出す方法

8f133aa92418743b00046f7fdb6f3629_s

単純に会社の待遇が悪いだけだったり、派遣社員として働いてる事が原因なのでしたら、当然ですが転職する事を考える必要があります。

 

ただ、健康面だったり、家庭の事情があるのでしたら、個人によって対応も変わって来るので何とも言えません…そのため、この記事では詳しく言及はするのは回避したいと思います。

 

※障害などを抱えているのでしたら、市町村の窓口で障害者手帳の説明を受けて、障害者雇用として働く事や、障害者年金の受給などを検討しても良いと思います。

 

また、転職以外の方法となると、ネットビジネスといった副業も選択肢の一つになりますが、まずは自己分析から始める事をオススメします。

ワーキングプアとなっている原因を探る

ワーキングプアとなっている原因を探すために、自己分析することは非常に大切です。

・会社の待遇が明らかに悪い

・派遣社員・フリーターから抜け出せない

・精神面・体調面に不安を感じていて、規則正しく働けない

・家族の負担がある

上記のような理由が多いと思いますし、個々によって特殊な事情があることも多いと思います。

 

そして、原因をいくつ挙げたのでしたら、改善できる点から取り組むようにしてください。

 

会社の待遇面だったり、派遣社員やフリーターといった原因でしたら、自己分析するまでもなく気づいている人は多いですが、一方で行動に移している人は意外に少なく、半分諦めてしまっている人も少なくありません。

 

また、正社員として働いている人の中には、ワーキングプアになっていても、転職を恐れて動けなくなっている人も多く見られます。

 

ただ、変えられる部分を変えて行かないと、ワーキングプアから抜け出すことができません。

 

今のまま、10年、20年経った後の自分を想像してみて、危機感を覚えれば、嫌でも行動したいと思うのではないでしょうか?

 

※転職以外の方法は後述します

就職・転職活動を始める

8d4e4a08c7cee6697e44a47b3fbdbb9d_s

派遣やフリーターの人でしたら、まずは正社員として就職できるように目標を定めましょう。ブラック企業は回避すべきですが、業種の選り好みをすると、就職活動の難易度は跳ね上がります。

 

また、正社員への就職を目指すなら、少しでも若い内に活動を始めるようにしてください。

 

20代まででしたら、比較的に正社員になる事は難しくありません。

 

もし、上手く行かないのでしたら、効率の悪い就職活動をしていたり、大手のみを応募している可能性があります。

 

オススメの方法としては、20代の就職・転職をサポートしている転職エージェントになります。

 

既卒・第二新卒・フリーターの20代全体をサポートしていることもあれば、第二新卒のみをサポートしていることもあるので、転職エージェントを選ぶ際は注意すると良いと思います。

 

どちらにせよ、専門に特化している転職エージェントの場合でしたら、20代のフリーターや派遣の人でも積極的に正社員採用している会社の求人のみを扱っているので、自分で就職活動するよりも効率よく動く事ができます。

 

これは、ブラック企業から他の企業に転職する場合も同様です。

 

ブラック企業から抜け出す場合も若い人程に本人としてリスクが下がりますが、正社員の場合でしたら年齢のリスクが派遣やフリーター程ではないので、30代、40代からでも十分待遇を上げるための転職を目指すべきと言えます。

 

第二新卒として活動する年齢ではないのでしたら、通常の転職サイトだけではなく、DODAといった大手の転職エージェントを利用して、専門のキャリアコンサルタントと相談してみると良いと思います。

 

ワーキングプアとなっている会社の待遇と、他社で働いた場合の待遇が明確に分かる事ができると思います。

 

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

探せば正社員として働ける会社は見つかる

少子高齢化が進む日本では、そもそも正社員の数は足りなくなってきています。

 

ニュースなどでは、非正規雇用が増えているとされていますが、定年後の再就職組も含めていますし、主婦のパートやアルバイトも含めているので、「非正規雇用の増加=正社員の就職が難しい」訳では決してありません。

 

また、他の会社に転職できるか悩んでいる人も、在職中に転職活動をする事は出来ると思いますし、選り好みしなかればブラック企業によるワーキングプアから抜け出す事は簡単とは言いませんが、極端に難しい訳でもない事は知って置きましょう。

副業による収入でワーキングプアを抜け出せるのか

81fd83823df5922708025c83b358e4d7_s

ライター、ネットビジネス、投資、趣味で自主制作した商品の販売…副業の手段は様々です。

 

人によっては、副業が成功してサラリーマンを辞めて独立する人もいらっしゃいます。

 

また、家庭の事情や健康面の不安から正社員として規則正しく働けない人も、家で仕事ができるので選択肢の一つと言えます。

 

ここで詳しく述べることはしませんが、興味があるのでしたら、副業について調べてみると良いと思います。

 

多数の方法が出てくるので、実践できるものを検討してみても良いと思います。

 

注意点としては、サイトによっては副業の方法を教える代わりに、金銭を請求するケースもあるので、そのようなサイトは信用しないようしてください。

 

無料でスタートできるものもあるので、探して見ると良いと思います。

 

ただ、フリーターや派遣社員と違って、正社員として働いている場合は、基本的に副業が禁止されています。

 

中途半端に稼げるようになると、年末決算などでバレるケースもあるので注意してください(確定申告を自分でしてもバレる時はバレます)。

ワーキングプアから抜け出す覚悟を持つ

ワーキングプアから抜け出す方法は、いくつありますが、実際に行動に移せる人は少ないですし、前述したように抜け出すことを諦めて行動する前の段階である、情報収集もしない人が多いです。

 

ただ、この記事を読んでいるという事は、どうにしかしないとマズイと考えて、行動を始めている人になると思います。

 

このサイトに記載している事が抜け出すための方法の極一部ですし、人によっては知っている情報の羅列だったり、役に立たない可能性もあると思います。

 

ただ、少しでも行動を起こすための参考になったり、後押しになったら思っています。

 

就職・転職・副業…手段は人によっても変わりますが、自分にとって一番必要な方法を検討して行動してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

-会社の待遇に不満・疑問
-, ,

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.