ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

未分類

転職エージェントもブラック企業を勧めてくるのか

投稿日:

転職エージェントの利用をしても、ブラック企業を紹介されるのではないかと不安を感じている人もいらっしゃると思います。

 

実際に利用しようと思っている転職エージェントのレビューなどを見てみると、

 

「ネットでブラックの評判が高い企業を紹介されていた」

 

「全く希望していない職種・業界の求人ばかり紹介された」

 

このような口コミを見ることも決して少なくないと思います。

 

結局転職エージェントも、売上を稼ぐために、登録者のことなど何も考えずに求人を紹介しているのではないかと思ってしまう人も少なくありません。

スポンサーリンク

ネットの評判をあまり気にするのはオススメしない

確かにブラック企業の求人を紹介する転職エージェントも存在します。

 

私もそれなりの転職エージェントに登録してきたのですが、ネットで評判の悪いブラック企業の求人を紹介されたこともあります。

 

一方で、優良企業の求人を積極的に紹介してくれるようなケースもありました。

 

どちらにせよ、転職エージェントは無料で利用する事ができます。

 

連絡を取り合うのに手間が掛かりますが、ブラック企業の求人を紹介されるかもしれない……といったリスクだけで利用しないんは損と言えます。

 

特に大手の転職エージェントなら、色々な人が利用するので、評価も変わってきて当然と言えます。

 

理由としては、登録者によって年齢、職歴、前職の経験の差、資格の有無、希望する条件が異なってくるからです。

 

自分から見た自分の市場価値と第三者が見た自分の市場価値が違うことも珍しくありません。

 

また、キャリアチェンジしようとしたら、待遇が下がる可能性が高いのに、それを知らなければブラック企業を紹介されたと思う人もいるかもしれません。

 

社会人経験の無い人でしたら、自分の希望する求人に応募できない可能性も上がってきます。加えて年齢もそれなりに重ねていると、競争率の低い待遇が見劣りする求人以外に応募できない可能性も出てきます。

 

厳しことを言えば、高望みしすぎていたことから、紹介された求人のギャップにより、ブラック企業の求人しか紹介されないと思ってしまうのです。

 

また、利用する転職エージェントがミスマッチしていることもあります。

 

経験を活かしたキャリアップをしたいのに、未経験者の求人を中心にした求人を扱っている転職エージェントを利用すれば、希望するような求人は紹介されないと言えます。

 

利用している求職者の経歴、そして利用する転職エージェントの特性がかみ合っていないと多かれ少なかれミスマッチは発生します。

 

もちろん、転職エージェントによっては、本当に利益主義の利用者の希望をあまり聞かない質の悪いサービスを提供していることもあります。

 

一方で、それなりの年数サービスを提供してい、実績もあるような転職エージェントでしたら、一定の信頼もできまさすし、優良企業の求人も扱っているはずです。

 

ネットの評価のみを見ず、どのような求職者を対象にしていて、どのような求人をメインにしているのか、そして信頼できる実績と知名度があるかを確認した上で、とりあえず利用してもいいのか決めてもよいと思います。

ブラック企業を紹介するメリットは低い

私も転職エージェント側の利益の稼ぎ方を全て知っている訳ではありませんが、基本的に転職エージェントの売上は、成功報酬になるはずです。

 

求職者側は無料で利用できるので、斡旋した求職者が採用されて、入社することで、紹介した企業から成功報酬を貰うことで売上を上げます。

 

そのため、ブラック企業の求人を扱って紹介するよりも、ホワイト企業と思ってくれるような求人を沢山扱って、紹介した方が求職者も応募してくれるので、売上を上げることができます。

 

ネットが主流になる前で、事前に企業の評判を知ることが難しい時代なら別ですが、今では簡単にネットで評判を知る事ができます。

 

そのため、どうみてもブラック企業の求人を紹介しても応募されることは低いです。

 

ただし、ブラック寄りの求人を全く扱っていない訳ではないです。

 

いわゆる、未経験者を積極的に受け入れている求人の中には、ブラックとまでは行かなくても、グレー企業も多いです。

 

その代わりに採用されやすいですが、応募を躊躇う、またはグレーでもブラックと判断して応募しないと決断してしまう求人と言えます。

 

しかし、職歴に自信が無かったり、とにかく正社員として働く必要のある若者もいます。転職エージェント側も紹介できる求人が限られてしまう利用者もいます。

 

そのような場合に、紹介される求人もあろことは知っておきましょう。

ブラック企業の求人を紹介されたら

転職エージェントを利用して、あなたにとってブラックと思える企業や、希望に合わない職種・業界の求人を紹介されたのでしたら、他の転職エージェントを利用してもいいと思います。

 

その上で、どのような求人が紹介されるのか比較してみるとよいと思います。

 

条件の良い求人が紹介されたのでしたら、そちらを利用していけばいいですし、同じような結果になったら、希望する職種や業界の幅を広げて、もっと待遇の良い求人がないか探してみましょう。

 

それでも厳しいなら、自分の中のブラック企業の判断基準が厳しいと判断して、妥協するか、転職エージェントを利用せずに自分で求人サイトから応募したい求人をピックアップして応募することになります。

 

あなたの面接を受ける際に発揮する自分を売り込む力次第では、転職エージェントの判断した市場価値以上よりも上の企業に採用される可能性はあります。

 

ただし、そのような人は一握りだと思います。大抵は、高望みした求人に応募して、全く引っかからない事が多いです。

 

そのため、必要に応じて妥協することも考えましょう。

 

特にキャリアチェンジしたい人は、待遇が一時的に落ちることは覚悟しないと、なかなか転職が成功しないことが多いです。

 

自分の市場価値をしっかりと把握した上で、転職活動して行くようにしましょう。ただし、高望みでも、応募条件を満たしているのでしたら、採用される可能性が0ではないです。

 

挑むことが無駄という訳でもないので、まずは挑戦してから、妥協するかどうかを考えてもいいと思います。転職エージェントで思ったような求人を紹介されないから、すぐに妥協するというのも、少し持ったないのも事実です。

 

ステップを踏みながら転職活動してもいいと思います。

 

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.