ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

ブラック企業

会社にバレないように精神科に通っている人へ

投稿日:

ストレス社会と言われる程に、サラリーマンとして働いている人は、多かれ少なかれのストレスを抱えながら働いています。

 

そして、そのストレスと上手く付き合っていくのも社会人として生きて行く上で必要な能力とも言えます。

 

しかし、ストレスと上手く付き合えないからといって、必ずしも本人に責任がある訳ではないことも珍しくありません。

 

実際に上司からのパワハラ、個人が負担にするには多すぎる仕事量などから、うつ病になる人もいらっしゃいます。

 

この記事を読んでいる人の中には、軽度のうつ病で、精神科に通いながら働いている人もいらっしゃると思います。

 

うつ病で精神科に通っていることがバレたら、職場の人間関係にも悪い影響を与えたり、業務でミスをしたらうつが原因と言われて退職勧奨される可能性も考えてしまって、抱えこんでしまっている人もいると思います。

 

正直に言えば、職場のパワハラや長時間労働が原因となっているようなそ職場からは早期に逃げ出すことをオススメします。

スポンサーリンク

限界はいつか来る

仕事が原因のうつ病の場合は、職場の環境が抜本的に変わらない限り、うつ病の原因が取り除かれないので、治る期待値は非常に低いと言えます。むしろ、精神科に通っていても、少しずつ悪化していく可能性の方が高いと言えます。

 

実際に、精神科に通いながら仕事をズルズルと続けて、数年後に退職してしまう人も決して少なくありません。

 

そして、うつ病の悪化で辞めるとなると、簡単に症状が緩和しないので、空白の期間も長くなり、再就職の難易度も上がります。

 

また、症状が重くなると完治することが難しくなり、再就職をしても再発のリスクを抱えながら、働くことになります。

 

そのため、人生において大きな爆弾を抱えることになるとも言えます。

 

もし、今精神科に通いながら働き続けているのでしたら、まだ働けている健康状態のままで、なんとか今の環境から逃げ出すことをオススメします。

 

そして、精神科に通わなくても大丈夫な健全な企業に転職してはどうでしょうか?

 

また、ブラック企業ではなくても、人には向き不向きがあります。

 

具体的には、ノルマに追われることに大きなプレッシャーを抱える人が、営業のノルマが厳しい職場で働いていたら心が追い詰められてうつになる可能性が上がります。

 

ブラックだと、周りも死んだ目をしていますが、自分が合わない職場の場合だけだと、周りは普通に仕事ができてしまうので、自分が甘えているだけと思ってしまう人も少なくありません。

 

確かに、自分を仕事に合わせる事も大切ですが、本当に向いていないのでしたらどうしようもないこともあります。

 

そのため、限界だと感じているのでしたら、他の業界や職種に転職することを考えた方がいいと思いますよ。

 

仕事は沢山あるのですから、自分が向いていない仕事に固執する必要はないと思いますよ。

 

まずは転職活動を始める

体調も心も壊しかねない職場で働いているなら一刻も早く退職するべきですが、生活が厳しい人などは、退職後の収入の不安を考えると、簡単に辞められないと思います。

 

実際に、お金がないという不安は大きなストレスになるので、退職してもうつ病の改善が難しくなります。実家に頼れればいいのですが、それが難しい人もいらっしゃると思います。

 

それなら、仕事をしながら何とか転職活動をしましょう。

 

そんな時間ないと思うかもしれませんが、実際に始めてみないと分からないのも事実です。

 

自分で求人を探して、応募書類を書いて、応募するとなると、なかなか手間ですが、転職エージェント等を利用して、希望に近く、採用される可能性の高い求人を紹介して貰えれば、効率良く転職活動する事ができます。

 

行動を始めなければ今の環境を変えることはできません。

 

自分の将来設計をよく考えた上で、今の職場で働き続けるか、本気で転職するかどうかを考えてみてはどうでしょうか?

 

⇒ブラック企業から抜け出すのにオススメの転職サイト・転職エージェント

スポンサーリンク

-ブラック企業

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.