ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

ブラック企業

旅行業界はブラック企業が多いのか

投稿日:

旅行業界には、ブラック企業が多いかと言われたら、残念ながら他業界と比較するとブラック色が非常に強く、ブラック企業も多いと業界と言えます。

 

そのため、私の個人的な意見でもありますが、余程旅行会社で働きたい強い思いがないのでしたら、旅行会社で働く事はオススメしません。

 

男性の場合は出世をしていく…と言うモチベーションがあれば、将来的に現場の窓口対応や宿泊施設先の現地に足を運びコースの内容や費用の交渉、またお客との付き添いといった激務から遠ざかる事ができる可能性もありますが、それでも出世して行くまでの期間は長く相応の覚悟必要となります。

 

逆に出世などをあまり考えていない女性の場合は、入社しても早ければ1年程で入社した半数以上が辞めることも珍しくありません。

 

また、全体では3年で7割近く退職するとも言われています。

スポンサーリンク

旅行業界で働く上で覚悟すべき点

・休日が少ない(土日休みも期待しない)

・残業が多い

・給料が少ない

・お客からのクレーム処理が多い

・現地に行く場合は体力の消費も激しい

・ノルマがある

最低でも上記は覚悟すべき点と言えます。

 

休日に関しては、職場にもよりますが、やはり土日に旅行の予約をするために足を運ぶお客が多いので、平日に休むことになる事が多いです。

 

また、繁忙期などは人手が足りず、休日がなかなか取れない事もあります。営業所ごとにノルマもあるので、上手く契約に繋げることも休みが取りにくく、プレッシャーの要因となると言えるかもしれません。

 

また、仕事に関してもお客と旅館・ホテル側の板挟みになるので、ミスのない仕事が求められますし、調整する必要もあるので残業も発生しやすいです。

 

特にお客のクレームもや問い合わせも多いので、業務がなかなか進まない事も多いですし、ストレスもたまりやすいと言えます。

 

まカウンター業務以外にも実際に現地に足を破婚でツアープランを考え、交渉したり、実際にお客の引率をすることが求められる事もあります。

旅行会社の給料は低いのか

旅行会社の給料は低い企業と高い企業とで大きな差もありますが、入社時の給料は残念ながらそれ程高くなく、出世していけるかどうかで変ってくると言えます。

 

そのため、もし旅行業界で働くなら、大手の企業に就職する事をオススメします。

 

大手にも給料が低い旅行会社もあり、この記事では言及しませんが、ネットで旅行業界の年収などを調べれば、ある程度目星をつける事ができると思います。

 

残業手当がしっかりと就く企業なら、それ程給料自体は低いと感じないかもしれません。

 

逆にサービス業があるような企業ですと、全く割に合わないと感じると思うので注意しましょう。

 

旅行のプランは、安いプランも増えていますし、どれだけ原価を抑えるかも求められる傾向が強くなっているので、なかなか全体的にベースアップする機会が無いのも、給料が低くなりやすい原因と言えるかもしれません。

出世は比較的にしやすい

離職率が高いので、比較的に出世はしやすいといったメリットはあります。出世してもなかなか給料が上がらないようなブラック企業を回避すれば、人によっては努力が報われる職場と思える場合もあるかもしれません。

 

また、激務になりやすい旅行業界になりますが、企業によって土日休みの完全週休2日制を導入したり、年間休日を120日以上にしたりして、人手の流出を抑えている企業もあります。

 

そのため、旅行業界で働く場合は、しっかりと企業の調査をした上で、入社する企業を選びましょう。

 

もし、ブラックな評判のある企業しか内定が貰えなかったのでしたら、個人的はに他の業界に一度就職する事をオススメします。

 

⇒転職時にブラック企業かどうかの評判などが分かる転職サイト等

スポンサーリンク

-ブラック企業

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.