ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

ブラック企業

頼りになる先輩が去っていく企業は危険と知る

投稿日:

頼りにしている先輩社員や転職して入社してきた仕事のできる人が、ある程度の期間が経過したら退職するような職場で働いていないでしょうか?

 

もし、周りから頼られている先輩や仕事のできる人が入社しては辞めて行く環境の企業でしたら、将来性の低い企業で働いている可能性を考えてみても良いと思います。

スポンサーリンク

頼りになる人・仕事ができる人の入れ替わりが激しい理由

仕事ができる、できない関係なく短期間で辞めてしまう人が多い職場の場合は、単純にブラック企業である事が多いですし、あなた自身もはっきりと自覚できていると思います。

 

一方で休日面や残業面などでホワイトとは行かなくてもある程度耐えられ、給料も新入社員としては大きく低い訳ではないと、不満は感じてもすぐに転職したいと思わないでしょうし、勤続年数を重ねて行けば待遇も良くなる…と思う人も多いと思います。

 

ただ、ある程度勤続年数を重ねた頼りになる先輩社員や仕事ができる人が転職していて、20代の若い人と40代、50代の人が占められているような、中堅のいない職場の場合は、待遇が簡単に上がらない職場である可能性を考えた方が良いです。

 

要は、勤続年数に見合った待遇や仕事の能力に見合った給料を提供できないから、一番キャリアアップの転職がしやすい20代後半から30代前半辺りの有能な社員は去って行っている可能性が高いのです。

 

40代、50代の人は、他に行く場所がもう無かったり、社長と親交が深く給料を高い水準にして貰っていることもありますが、後者の場合でしたら特別な役職に就いていることが多いですし、明らかに社長と昔からの付き合いといった雰囲気が分かるので判断できると思います。

 

そして、起業時からいるような人達に追いつける給料になるには、余程の成果を出さなければ無理とも言えます。

 

そのため、頼りにされるような仕事のできる人は、見切りをつけて辞めて行ってしまうとも言えます。

すぐに辞めるべきではない

先輩社員が辞めて行くような職場で長期的に働く事はオススメしませんが、短期間で安易に転職する事はオススメしません。

 

長時間労働でパワハラやセクハラなどがあるようなブラック企業でしたら別ですが、働く上で長期的に働くには不安を感じるだけでしたら、その職場である程度仕事を覚え、能力を高めてから転職する事をオススメします。

 

また、転職する場合は、退職してから転職活動するのではなく、在職中に転職先を決めた方がリスクは低いです。

 

ただ、キャリアアップではなく、第二新卒として未経験な業種に転職する事を考えていたり、他にやりたい仕事ができたといった理由で素早く転職したいのでしたら、余計な時間を消費せずに転職した方が良い場合もあります。

 

そのため、必ずしもすぐに今の企業を辞めて転職することが間違いという訳でもありません。

 

あなた自身の転職する理由と、企業の待遇面や将来性を考えた上で、転職する時期や方法を決めるようにしましょう。

 

⇒優良な企業に転職する方法

スポンサーリンク

-ブラック企業
-

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.