ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

転職活動

何年間働けば次の会社の転職活動に有利になるのか

投稿日:

8d4e4a08c7cee6697e44a47b3fbdbb9d_s

短期転職で別の業界に行ったり、同業他社に転職して1からスタートするのではなく、キャリアが引き継がれる転職をしたいと思っている人にとっては、「どれくらい働けば次の転職活動に有利になるのか」は気になる点になると思います。

 

基本的には、3年以上働くと一定のキャリアとして認められると言われています。

 

そのため、キャリアアップのための転職をするなら、3年を一つの目安にすればよいと思います。

スポンサーリンク

勤続年数が長ければ転職に有利な訳ではない

a76abf372f7da3aa621f20437290100b_s

勘違いしないで欲しいのは、勤続年数が長ければ良い転職先を見つけられると思う事です。

 

3年が目安というのは、企業側が3年もあれば一定のスキルと経験は積んでいるだろうと思う年数と言えます。

 

そのため、3年以上働いていても、実績を出したり、スキル・経験を積んでいないのでしたら意味がないと思った方が良いです。

 

むしろ、3年も働いていて、この程度しか経験を積んでいないのか…とマイナス評価を受ける可能性さえあると言えます。

 

逆に、経験年数が3年以下でも、数字による実績や体験を証明することができれば、早い段階でキャリアアップを狙った転職をすることも可能だと思います。

 

月並みの言葉になりますが、働いた年数よりも仕事を通して何を得たかが一番大切と言えます。

得られるものが少ない職場で働き続けない

毎日ルーティングワークの仕事を続けている、何年働いていても雑用ばかり、社内ニート状態…このような状態で勤続年数を重ねても周りに差を付けられるだけで、転職が上手く行かない可能性高いですし、仮に成功しても転職先で苦労する事になる可能性が高いです。

 

もちろん、出世を目指す必要がないのでしたら、ルーティングワークの仕事を続けるのも良いですし、同じ仕事内容で多少待遇が良くなる企業に転職する事も可能かもしれません。

 

雑用に関しても同様ですし、社内ニートに関しても退職させられないことに賭けるのも一つの手段と言えます。

 

ただ、将来的にもっと高度な仕事がしたかったり、他にやりたい仕事があるのでしたら、ある程度区切りが付いたら他の職場に転職する事をオススメします。

 

自分を成長させられずに勤続年数が伸びると、やはり転職の面接時に喋れる事が少なかったり、面接先の企業が求めている勤続年数に相応しいスキル・経験を提示できなくなる可能性があります。

転職のタイミング

経験を積んでキャリアアップを狙った転職をするなら、希望する待遇の企業に27~29歳程度に転職できるのがベストと言えます。

 

理由としては、20代後半~30代前半に在籍している社員のスキルなどを見て、将来の管理職の候補などを決める傾向が高いからです。

 

もちろん、会社によっても差はありますし、スキルや実績などがあれば関係ないケースもありますが、若い内に在職している人間を管理職に抜擢させたいという企業も多いです。

 

いくら実績やスキルがあっても、転職して間もない人材をいきなり役職の高い位置に据えると、昔からいる社員に不満が貯まります。

 

会社の社風が完全に実力主義なら良いですが、大手の歴史の長い企業ほどに、勤続年数も考慮するので、できれば20代後半から30代前半に希望する企業に転職しておいた方が安心と言えます。

 

そのためにも自分が成長できる企業で働き、将来の選択肢を増やせるようにしておきましょう。

 

したがって、「何年間働けば転職に有利」と我慢して働いたりすることはあまりオススメできません。

 

注意点としては、得られるものがあるのに、ここでは自分がやりたい仕事ができない…と転職を繰り返す行為とは違うことを理解してください。

 

そのため、やりたい事、学ぶべきこと、経験すべき事などを明確にし、ブラック企業に転職しないように転職エージェントなどを利用して、転職活動をするようにしましょう。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

スポンサーリンク

-転職活動
-

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.