ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

ブラック企業

持ち帰りの仕事があるのは普通なのか

投稿日:

残業ではなく持ち帰りの仕事…働き方によってはサービス残業よりも質が悪い事もあります。

 

理由としては、タイムカードや業務日報といった記録付けが難しく、自宅でした仕事の時間を申請して残業代を請求しにくいからです。

 

また、持ち帰りの仕事を命令されたのか、自主的にしたのかどうかでも残業代が請求できるかどうか変わってきます。

 

ただ、この記事を読んでいるような人は、残業代の請求をしたい以前に、賃金の発生しない持ち帰りの仕事自体が当たり前なのか気になっている人が多いと思います。

 

結論から言えば、賃金の発生しない持ち帰りの仕事をしている人は少なくないです。

 

これは、中小企業から大手企業まで大なり小なりあると言えます。

 

待遇自体が良いのでしたら、多少の持ち帰りの仕事は我慢できますが、待遇そのものが悪いのでしたら…働く意欲を失わせるとも言えます。

 

スポンサーリンク

企業で終わらない仕事を自宅でする

シフト制の仕事だったりすと、シフトの時間内に終らず、だからといって残業して仕事を終わらすまで働くこともできない…となると、持ち帰りを選ばざるを得ないと考えてしまう人は多いです。

 

そして、上司等には告げず、暗黙の了解として賃金の発生しない持ち帰りの仕事として自宅で終わらせることになる事がほとんどだと思います。

 

具体例としては、管理職の場合は、シフトの作成だったり、時間外に来るメールの確認や返信、保育士といった先生の場合は連絡のためのお便りの作成といったものが挙げられます。

 

そして残念ながら持ち帰りの仕事が多いのは、ブラック寄りの業界や企業が多いです。

 

何故なら、ホワイト寄りの企業でしたら、時間外労働をして貰って、しっかりと残業代を支払ってくれるからです。

持ち帰りの仕事があるかどうかの確認は至難

おそらくですが、全く持ち帰りの仕事が無い企業は滅多にないと思います。

 

ただ、優良企業でしたら、一時的に自分の仕事が増えてしまったりした場合に限られるので、常態化しておらず、待遇面などを考慮すると許容できる範囲内の事が多いです

 

ただ、ブラック企業の場合は賃金の発生しない持ち帰りの仕事が常態化している事があります。

 

そして、残念ながら持ち帰りの仕事があるかどうかを判断することは至難と言えます。

 

記録も残りませんし、社内にも人が残るわけではないので、会社が正直に持ち帰りの仕事があるかどうか答えてくれないと分からないと言えます。

 

そして、常態化しているか否か問わずに、持ち帰りの仕事が当たり前のようにあると述べる企業は少ないと思った方が良いかもしれません。

 

そのため、事前に自分が希望している業界や職種は持ち帰りの仕事が多いのかどうかを確認しても良いと思います。

 

その過程で持ち帰りの仕事だけではなく、サービス残業の有無や離職率、平均年収なども調べられると思うので、就職する上での最低限の企業調査とも言えます。

持ち帰りの仕事を普通と判断して良いのか

賃金の発生しない持ち帰りの仕事を普通…とは言いたくありませんが、ある程度は妥協しないといけないともいます。

 

それに、上司と掛け合って持ち帰りの仕事でも賃金が貰えるように訴えるのは非常にハードルが高いとも言えるので、妥協せざるを得ないとも言えます(IT業界の企業などは持ち帰り仕事の仕組みを整えている事が多いですが)。

 

ただ、持ち帰りの仕事が常態化していて、自分の時間を圧迫していたり、碌に休むことができないような職場でしたら転職を考えても良いと思います。

 

持ち帰りの仕事が多いと、仕事とプライベートの境目が曖昧になり、落ち着くことができず、しっかりと休めませんし、プライベートをなかなか楽しめません。

 

そのため、待遇面も考慮した上で、割に合わないと感じていたり、プライベートの時間をもっと増やしたいと思っているのでしたら、転職を考えてみても良いと思います。

スポンサーリンク

-ブラック企業

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.