ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

会社の待遇に不満・疑問

隔週休みの企業で働かない方良い

更新日:

99c4b98b6eee2682d51d8bdd5cae2b1d_s

隔週休みとは、簡単に言えば2週間に1回休みということになります。

 

ただ、企業によっては休日日数は変わらない事を前提に、連続で出勤を強要したり、逆に休日を取らされることもあります。

 

この辺りは、会社の忙しさや、出勤する人の人数によって変わる事が一般的と言えます。

 

なお、隔週土曜日休みで、月の土曜日が5回ある場合は、休日が2日で出勤3になるか、休日3か出勤2になりますが、企業によっても変わって来るので、入社前に確認することは必要と言えます。(私が以前働いていた会社は休日3の事もあれば、休日の2の場合もありましたが)。

スポンサーリンク

隔週休みのある企業は避ける

基本的に隔週休みのある会社は、日曜日が固定休みで、土曜日が隔週休みであることが多いです。

 

まだ、一度も働いた位事のない新卒や既卒の人だったり、完全週休2日制で働いている人の中には、

 

「隔週休みでも働ける!」

 

と思う人は意外に多いです。

 

実際に私もそう思っていましたが…非常にしんどいです。

 

隔週休みで、日祝日休みでも、多くて休日は105日になります。

 

完全週休二日制で年末、お盆、GWのある会社でしたら、120日以上の休みあるので、そのような企業と比べると15~20日近くの休日差になります。

 

また、祝日の休みも取れないとなるいと、下手したら1カ月近くの休日差がでるケースもあります。

 

他の大多数のサラリーマンが休みとっている中で仕事をするのは辛いですし、何よりも社外の友人達との予定も合わせにくいと言えます。

 

2連休も取りにくいので、体の疲れも取りにくいので、若い内はプライベートが制限されるだけのストレスになりますが、歳を重ねる程に体力面も辛くなっていくと思います。

 

給料が良ければ救いはありますが、隔週休みのある会社は人手不足であったり、人件費を抑えることも考慮して隔週にしていることが多いので、給料の良い隔週休みの会社は少ないです(歩合制の会社は除きますが)。

隔週休みのある会社で働く上で確認すべき点

e31af1f6ba2d0b2244722a4b320d07d6_s

オススメはしませんが、それでも応募したいと思うのでしたら、求人や面接の段階で最低限確認した方が良い項目があります。

 

一つ目は前述したように、隔週休みの具体的な回数になります。

 

土曜日が月に5回ある場合は、休日と出勤日の割合になります。

 

また、祝日の休みや年間休日が記載されていない場合は、祝日の休みに関しても確認してください。

 

隔週休みの会社だけに限りませんが、会社によっては祝日休みがある人は、代わりに土曜日は強制的に出勤といったケースもあります。

 

そして、二つ目はやはり、給料面の待遇になります

 

他の会社と比べて給料は良いのか、それとも悪いのか、それとも平均的なのか…忘れずに確認してください。

 

隔週休みで給料が悪いのでしたら、ブラック寄りの企業だったり、余裕のない会社の可能性が高いので、あまり入社はオススメはしません。

 

また、給料が低いと、他の一般的なサラリーマンよりも働いているのに給料も低い…と日に日にストレスがたまって行きます。

 

入社前は覚悟していていも、働いていると予想以上にストレスになるので注意した方が良いです。

 

後は有給休暇の取得などがしやすいかどうになります。

 

隔週休みの会社は比較的に有給休暇に関しては寛容的な企業が多いですが、取得率が悪いのでしたら、よりブラック企業の可能性が高くなると思った方が良いです(人によっては隔週というだけでブラックと判断する人もいますが)。

 

また、休日も少なくて、有給休暇も使えないとなると、プライベートな時間がかなり削られると思った方が良いです。

完全週休二日制働く

一番良いのは、完全週休二日制で祝日休み…年間休日120日前後の企業になります。

 

旅行などにも行けますし、実家などにも帰りやすいので、多少有給休暇が使いにくても、プライベートを充実させることができます。

 

もともと、日本の休日自体が、世界的にみても多い訳ではないのに、日本でも休日の少ない企業で働くとなると、体の負担は非常に重くなります。

 

休日は、体の疲れを取るだけではなく、自分のプライベートや家族との時間を楽しむ上でも非常に大切なので絶対に軽視することのないようしてください。

 

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

スポンサーリンク

-会社の待遇に不満・疑問
-,

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.