ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

会社の待遇に不満・疑問

親孝行のための介護離職が貧困の始まりに

投稿日:

長寿社会となり、少子高齢化が進む、大半の方が親の介護という問題と向き合う必要が出てきています。

 

そして、親孝行がしたいという強い気持ちがある人程に、介護離職をして、自分で親の介護をして行きたいと思う傾向があります。

 

ただし、そうなると介護をしながら、仕事を見つけることになります。

 

また、両親の家で介護をしながらとなると、土地勘のない場所で仕事を探すことになるので……地方などになると、なかなか正社員の仕事を見つけることが難しいといった状況になる事もあります。

 

なによりも、自分のキャリアを捨てて、給与を大幅に下げながら、親の介護をする……といった選択をとると、生活が非常に厳しくなり、貧困生活に一直線になる可能性もあります。

 

そうなれば、訪問介護などを上手く利用しても、日々の生活を成り立たせるのが難しくなる可能性もあります。

 

そのため、親孝行のためといっても介護離職を安易に選択することはオススメしません。

スポンサーリンク

自宅介護をすることのリスクと難しさ

自分が介護するしかない状況であり、他の親戚などに頼ったりすることができないのでしたら、介護離職をして自分で介護をする事を考える前に、介護施設に預けることができないのかを考えてみてはどうでしょうか?

 

介護施設に預けるという選択が、親不孝に感じる人もいるかもしれません。特に親と仲が良かった人程に、介護施設という選択が親不孝に感じるかもしれません。

 

親が自分に気を使って、「施設に預けても良い」と言ってれても罪悪感を感じる人もいると思います。

 

しかし、個人の感情の云々よりも、介護離職をした場合の生活と、介護施設に預けた場合のメリット、デメリットを考えて、しっかりと判断しないと後悔することになります。

 

介護が必要になった両親のボケ、認知症の悪化、そして身体機能の低下は、年齢を重ねる程に悪化して行くリスクもあるので、介護離職した直後なら、自宅で介護して上げられても、少しずつ難しくなる可能性もあります。

 

徘徊するようになると……仕事をすることさえ困難になるリスクもあります。

 

介護離職する場合は、今の親が求めている介護だけではなく、将来的に必要なになる介護も見据える必要があります。

 

それを受け止めることができるかどうか……なによりも、介護は何時終わりがくるか分かりません。介護をしながらの仕事でどこまで面倒を見ることができるのかも考える必要があります。

 

最低減上記のリスクと金銭面の出費を考慮した上で、難しいと感じたら介護施設を選び取るべきです。

 

結局自宅介護できない環境となったら、本人にとっても、介護を受ける側にとっても不幸な結果になります。

休みを貰い介護施設を探す

会社が許するなら、介護休業を貰って、介護施設を探すようにしましょう。施設によって、金銭面の負担も、特徴も変わってきます。

 

金銭面に余裕がないのでしたら、所得によって費用が変る、特別養護老人ホームがオススメになります。

 

ただし、都市部の特別養護老人ホームは人気なので、入居者待ちが起こる可能性が高いです。

 

また、特別養護老人ホームは基本的に要介護度3以上の方を対象にしています。そして、要介護度が高い人程に優先される点も注意してください(要介護度3以下でも特例として受け入れてくれることもあるので相談してみる価値はあります)。

 

そのため、長いと年単位で待たされるケースもあるのが、特別養護老人ホームの難点と言えます。

 

ただし、地方の特別養護路ホームは空きが多い傾向があるので、必要に応じて選択肢に入れることも考えて下さい。

 

また、特別養護老人ホームに預けるまでの、腰掛けとして、費用が比較的に安く、すぐに受け入れてもらえる有料老人ホームを利用する人も少なくありません。

 

どうしても、特別養護老人ホームなどと比べると負担は重くなりますが、有料老人ホームだと素早く対応してくれる施設も多いので、介護休業ではなく、有給休暇中に対応しないといけない場合は、とりあえず利用するという形で選択してもよいと思います。

 

住まいの近くの施設に関しては、LIFULL介護といったサイトを利用すれば確認できますし、パンフレットを無料で請求できるので利用してみてください。

 

介護施設はお金が掛かりますが、介護離職することによる所得の低下よりも抑えることができると思いますよ。

 

また、親の年金などもあると思うので、特別養護老人ホームに預けられないといった可能性は低いと思います。

介護が終わった後も人生が続くことを忘れない

介護をしている人が亡くなった後も、介護をしていた側の人生は続きます。

 

介護離職をして、最後まで親孝行として介護をしたとしても、あなたの人生は続くのです。改めて、正社員を目指すのが難しくなったり、結婚をするのも難しい年齢になっていることもあります。

 

自分で介護をするとなると、沢山の機会を失うことに繋がる事も忘れてはいけませんし、生活に関しても貧困に陥ったり、貧困とまでいかなくても厳しいものになる事もあります。

 

もちろん、そうならない人もいますが、介護離職が人生に大きな影響を与えることに繋がることは珍しくありません。

 

介護離職をして、親の介護をすることは悪い事ではありませんし、介護離職による影響を考慮した上でも、介護施設ではなく、自宅介護をする事の方が自分にとって大切なら、その選択を取るべきです。ただし、後悔する方が多いのも事実なので、自分の選択が間違っていなかったと思える程に、しっかりと考えた上で結論をだすようにしましょう。

スポンサーリンク

-会社の待遇に不満・疑問

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.