ブラック企業かどうか自覚し、抜け出すための決意ができる情報を発信しています。また、ブラック企業からの転職方法についても詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

ブラック企業から抜け出すための転職活動

転職活動

ブラック企業を辞めて転職を成功させるための後押しが欲しい

投稿日:

ff4a4b65be4e39211ebee9e010b8ad33_s

勤めている企業の職場環境の悪さを友人や家族に愚痴ってそのまま働き続ける…ブラック企業で働き続ける人の悪い典型例になりますが、一方でそのような状態になってしまうのも仕方がないのも分かります。

 

「過労死しそうなブラック企業ならすぐに辞めるべき」

 

「給料や休日に不満があるなら転職したらどうか」

 

ブラック企業で働いている人に浴びせられる典型的なセリフになりますし、このサイトでも述べさせて頂いているセリフと言えます。

 

ただ、一部のブラック企業をブラック企業と判断できない程に憔悴しきっている、または洗脳されている人を除いては、分かり切っていることもであります。

 

それでも、なかなかブラック企業から抜け出すことができないのは、転職のリスクがまだまだ大きい事が挙げられます。

スポンサーリンク

ブラック企業を辞められない人が抱える不安

ブラック企業だと自覚していても辞められない人が抱える不安としては、

1:仕事をしながら転職活動する時間がない

2:今の企業を辞めた後に上手く転職先が見つからないかもしれない

3:退職を伝える勇気が持てない

4:家族を不安にさせたくない

5:頑張れば実が結ぶのではないか…と自分を誤魔化している

6:自分はブラック企業以外に就職できないと諦めている

7:短期退職はハンデになる…

抱える不安は人それぞれですが、上記の1~7を抱えて辞められずに働き続けている人は多いと思いますし、実際に私も上記に上げた悩みを抱えて、なかなかブラック企業を辞めることができませんでしたら。

 

個別に見て行く前に、私が抱えていた不安としては、2と3と7になります。一番ウェイトを占めていたのは、情けないですが3だったと思います。

 

もともと、新卒の就職活動に苦戦していたので、数年の勤続年数で転職先が見つかるのか…と不安に感じていたので、有給休暇や仮病で転職活動をしていましたが、なかなか上手く行かず、結果的には耐えきれなくなって退職した後に、転職先を見つけました。

 

これは、私の体験からのアドバイスになりますが、辞めるのにタイミングを逃すと、ズルズルと辞められなくなっていきます。

 

私の場合は、給料が増えず、残業も貰えないのに、新しい仕事が大幅に割り当てられる事を知らされたタイミングで退職を決意しました。

 

おそらく、このタイミングを逃したら、仕事の忙しさと、体力面の消費、そして仕事の責任から簡単に辞められなくなると思いましたし、実際にその通りだったと今でも思っています。

 

「辞めたい、辞めたい…」と思っていても、会社は動き続け、ブラック企業だと、どんどん仕事が割り振らて追い込まれていきます。

 

そのような状況になる前に、不安を個々で解決して、転職できるように行動する事が一番の理想と言えます。

仕事をしながら転職活動する時間がない

faef19d8ea343b97e86b1e7a2afde762_s

転職活動をする時間がない…残念ながらそのような事は少ないと思います。

 

どれだけブラック企業でも、月の少しの休日はありますし、帰宅してから寝るまでの時間は少しはあると思います。

 

「その貴重な時間を転職活動に回したら休みない」

 

と思うかもしれませんが、正直言って社会人にとって仕事以外の時間は全て貴重と言えます。

 

そして、ブラック企業か否か関わらず、その時間を転職活動に回さないと、在職中に転職先を見つけることは不可能です。

 

もしくは、どうしても体力面の問題から無理だと感じているのでしたら、思い切って退職した後に転職活動を始めるしか方法はありません。

今の企業を辞めた後に上手く転職先が見つからないかもしれない

1の悩みである、「仕事をしながら転職活動する時間がない」と合わせて持っている人が多い悩みになります。

 

実際問題として、1.2が原因で転職活動ができない人が過半数以上なのでは…と思っています。

 

1の最後に、「思い切って退職した後に転職活動を始めるしか方法はありません」と述べましたが、そのような覚悟を持てる人は残念ながら少ないとうのが実状です。

 

気持ちは分かります。

 

特に正社員になるのに苦労した人だと、例えブラック企業でも正社員の職を失うの恐怖とも言えます。

 

ただ、今のブラック企業で定年までずっと働き続ける将来を想像してみてください?

 

どうでしょうか?

 

全く想像できない、または、とにかく辛い日々が続くといったイメージしか思い浮かべることしかできなかったりしないでしょうか?

 

働いていると日々の仕事の忙しさで将来の不安をじっくりと考えられる時間が限られていますし、考えていても仕事はやってきます。

 

就職活動・転職活動は逆に、将来の事だけをじっくりと考えながら活動することになるので、恐らく仕事を辞めて転職活動をしている時の方が負担は感じると言えます。

 

逆に言えばブラック企業で働いていると、このまま働き続けることの危機感を感じにくく、結局は後戻りできなくなるまで目を背けやすいとも言えます。

 

そして、その間の言い訳が1・2の不安と言えます。

 

ただ、20代、30代で転職先がない…何てことは基本的にありません。何らかの障害を抱えていても、障害者雇用なら転職は可能です。

 

そもそも、少子高齢化で人でが不足し始めているのですから、本気で転職活動を始めれば、個人差によって期間は変わりますが、見つからない可能性の方が低いですし、見つからない場合は仕事を限定し過ぎているケースがほとんどです。

 

そのため、転職したいのに、転職できない言い訳を無理に作ったり、甘えたりすることのないようしましょう。

 

それよりも、転職した場合のメリットを上げて、動き出す理由を考えた方が建設的と言えます。

退職を伝える勇気が持てない

530cf35e98f6709237513c99107e24d3_s

意外に多いのが、3の「退職を伝える勇気が持てない」人になります。

 

要は、上司に退職する事を言う切っ掛けを持てない人と言えます…私も大分踏ん切りが付かず1~2ヶ月間の間自分に言い訳をして、「今はまだ言えるタイミングじゃない」と後回しにしていた経験があります(笑)

 

踏ん切りが付いたのは、前述したように仕事が大幅に割り当てられる事が分かったからです。

 

この辺りは個人の性格によっても思い切って伝えられるかどうかは変わって来ると言えます。

 

ただ、前述したように少しでも今の会社に働いている事がデメリットだと自覚できれば、多少時間が掛かっても退職の意思を伝える事がは出来ると思います。

 

このサイトを読んだことも一つの後押しになって頂ければ幸いと思います。

 

なお、退職の意思を伝える際は、いきなり役職の上の上司や社長に伝えるのではなく、直轄の上司である先輩から伝えて、指示を仰ぐようにしてください。

 

中小企業だからといって突然社長に退職の意思を伝えたりしたら、何も知らない上司などが混乱して、手間が増える結果になることもあります。

家族を不安にさせたくない

1や2とは違って、仕事を辞めて転職する踏ん切りを付けられない人の言い訳…とは簡単に切り捨てられないのが、4の「家族を不安にさせたくない」になります。

 

一番良いのは、家族を持つ前にブラック企業から抜け出すことです。

 

前述したように、「ブラック企業で将来的に働き続ける自分」を想像した際に、結婚した場合の自分も想定して置くべき言えます。

 

ただ、それでも既に結婚しているのでしたら、後悔しているだけでは仕方ありません。

 

今のキャリアでどのような会社に転職できるのか、そしてブラック企業にこのまま働いていて家族を幸せにできるのか、そして体調を壊してはたらけなくなったりしないか…しっかりと考えてください。

 

このサイトでも紹介しているような信頼できる転職エージェントを利用して、一度相談してみて、在職中に転職先を見つけられるように努力してみてください。

 

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

 

難しいなら、退職して転職先を探すリスクとこのままブラック企業で働くリスクを天秤に掛けて、家族と一緒に相談してみてください。

 

家族がいるなら、転職はあなただけの問題でもありません。逆にブラック企業で働き続けることも、あなただけの問題ではありません。

 

あなただけで抱えずに、周りや家族に相談した上で決めると良いと思います。

頑張れば実が結ぶのではないか…と自分を誤魔化している

ブラック企業でも結果を出せば待遇が良くなるのではないか…と自分を鼓舞しながら働き続けている人もいらっしゃいます。

 

絶対にそのような事はない…とは言いません。

 

もしかしたら、経営者や幹部に気に入られて出世できる可能性はあるかもしれません。

 

しかし、そのような事は働いていれば何となく判断できると思います。

 

末端の社員から幹部になったは人はいらっしゃるでしょうか?

 

私が以前働いていた中小企業は、幹部陣は設立時のメンバーだけで固められていたので、一切の望みはありませんでした。

 

出世できても、名前だけの役職で、責任だけ増えて給料もあまり変わらない…これは、あくまでも私が以前働いていた企業になります。

 

頑張れば、結果を出せば待遇は変わる…と思うだけではなく、今働いている企業の待遇が良いだろう役職持ちがどのように出世したのかなどをチェックしてみはどうでしょうか?

 

出世が現実的ではない、仮に出世できても待遇が上がらないと感じたら、自分を誤魔化すのは辞めて転職を考えてみてはどうでしょうか?

自分はブラック企業以外に就職できないと諦めている

ae15e030ecbfdfb02eb79724848dd516_s

ブラック企業以外に自分は就職できない…非常にネガティブな考えですが、一度ブラック企業から抜け出すために行動して、再度ブラック企業に転職する…このような悪夢が起こると転職を諦める人もいらっしゃいますし、その気持ちも分かります。

 

転職を失敗する理由としては、ブラック企業に一度入社した方法で転職活動をしてしまう事が一つの理由として挙げられます。

 

厳しい事を言えば、一度ブラック企業に入社したのでしたら、あなた自身の調査力や企業を見る目に疑問を持って転職活動した方が良いです。

 

そのため、転職活動をする際は、前述した要に信頼できる転職エージェント等を利用して、担当のスタッフと今までの職歴や希望する職場の相談をしてみください。

 

その上で、ブラック企業ではない企業の求人を紹介して貰うと良いと思います。

 

不用意な転職活動をしなかれば、絶対とは言いませんが、ブラック企業に就職するリスクは大幅に減らすことができます。

短期退職はハンデになる…

短期退職に関してはブラック企業でも短期間で辞めたら転職先は見つからないかで詳しく述べていますが、確かにプラスに働きませんし、理由もなく短期退職を繰り返すと、求人の応募先の会社も「採用してもすぐ辞めるのでは」とは不安に思う可能性も高くなります。

 

実際に、転職回数○回以上は有無を言わさずに書類審査で落とすこともあります。

 

しかし、だからといってブラック企業でずっと働いているのも将来的に大きな不安を抱えることになります。

 

また、短期間の勤続期間はハンデになりますが、最初に就職した会社からの転職でしたら、会社側もある程度理解を示してくれる事が多いです。

 

社会人経験なく、大学で選んだ企業に馴染める可能性は、ブラック企業であるか否かに関わらず、あなたが思っている以上に低いです。

 

特に最近は、第二新卒の転職市場も拡大しているので、単純に勤続年数が短いだけで書類審査の段階で落とされる可能性も下がっています(歴史のある大手企業は厳しいですが)。

 

大切なのは、面接で転職の理由と、志望動機、そして長期的に働き続ける意欲を示す点になります。

 

また、第二新卒ではなくても、経験やスキルなどでがあるのでしたら、転職回数が多すぎなければ転職できる可能性は十分あります。

 

具体的には、20代でしたら2回程がギリギリ、40代までの合計回数でみれば、4回が許容される範囲内と思った方が良いです。

 

30代は微妙な範囲で、2~3回程が企業が許容する範囲と言えるかもしれません。

 

ただ、業界や企業によって、もっと厳しいこともあれば、もっとルーズな事もあります。

 

そのため、短期退職を恐れるのではなく、むしろ転職回数を無駄に増やさないように、次の転職先はブラック企業にならないように注意するべきと言えるかもしれません。

怖くても動き出さないと自分も環境は変わらない

ac11

もし、今あなたが日々の生活がつまらない、苦しいと感じているのでしたら、あなたが自身が変わらないとあなたを取り巻く環境は簡単に変化してくれません。

 

ブラック企業でずっと働いていても、環境が変わる事は0とは言いません。

 

経営者が変わったり、労基が立ち入りをするなどで変化することもありますが…とても低い可能であり、望みを掛けるには、あまりにも乏しい希望と言えます。

 

そのため、ブラック企業の環境から抜け出したいのでしたら、自分から少しずつでも行動を起こして、転職できるようにしましょう。

転職活動によるリスクを減らす方法

38c0afad70cb4c440e797c26771a3ed5_s

ブラック企業に再度転職しないためには、安易に転職先を決めない事が大切です。

 

在職中に転職先を決めるため、退職後に転職活動を始めたが予想以上に上手く行かない…焦る原因になりますが、焦って転職先を決める程にブラック企業の求人に手を伸ばしことに気づかずに選考が進む可能性が高くなります。

 

そのような事態を防ぐためも、転職を成功させるなら自分一人で転職活動を進めないことです。

 

そもそも既に一度ブラック企業に入社しているのなら、自分一人で転職活動をしたら、ブラック企業に入社する可能性が高いことは分かると思います。

 

そのため、この記事でも何度も言っているように、信頼できる転職エージェントを上手く利用して転職の成功を目指してください。

 

専属のスタッフが個々に付いてくれるので、転職活動の相談ができますし、職歴と希望に合った求人を紹介してくれます。

 

紹介して貰える求人は、あなたが採用される可能性が高いものになるので、転職サイトで自分で選ぶよりも効率は良くなりやすいです。

 

もちろん、転職エージェントを利用しながら、自分て転職サイトを利用しながら、転職活動することもできるので、どちらか片方だけに頼り過ぎるのではなく、転職サイトとエージェントを上手く利用するようにしましょう。

 

なお、自分で転職活動する場合は、キャリコネを利用する事をオススメします。

 

キャリコネは、企業の口コミが非常に豊富ですし、マイナスの口コミも載せられているので、企業の評判を客観的に確認することができます。

 

もし、悪い口コミしかないのでしたら、ブラック企業だと疑っても良いかもしれません。

 

詳しい内容に関しては下記にの記事で述べているの参考にしていただければ幸いです。

 

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

転職によって変えられる環境をモチベーションにする

もし、なかなか転職活動に乗り出せないのでしたら、ブラック企業で働き続ける将来だけではなく、抜け出した後の事を考えてみても良いと思います。

 

家族や友人と遊びに行く時間が増える、趣味に打ち込めるようになる、給料が増えて欲しいものが買えるようになる、ゆっくりと眠れるようになる…大きなモチベーションになると思います。

 

転職活動は非常に体力を消費しますが、その分のメリットがどれだけあるのか、そして転職しなかった場合のデメリットをよく考えれば、自然とモチベーションも変わってくると思いますよ。

 

スポンサーリンク

-転職活動
-,

Copyright© ブラック企業から抜け出すための転職活動 , 2018 All Rights Reserved.