給料が低くて貯金ができない! 転職するべき!?

貯金ができるかどうかは、会社員の給料、趣味にかけるお金、食費、奨学金の有無、結婚しているか否か、水道光熱費、家賃……それぞれ個々によって事情が異なると思います。

しかし、生活をギリギリに切り詰めても、生活するのが精一杯で貯金が禄にできず、将来に不安を抱えているサラリーマンの方は少なくないと思います。

ここで、20代、30代の単身者の銀行に預けている預金額としては、20代なら約150万円前後、30代前半なら250万円前後といわれています。

30代の場合は、30代前半と後半でも大きく貯金額が異なってくることありますが、株式なども含まれると、貯金額は500万円ほどが平均になるのではないかとおもいます。

そんなに貯められそうにないと思っている人にとっては辛い現実かもしれませんが、結婚して子供を持つことになると、貯金額が500万円あっても危険といえます。

子供の学費……特に大学まで行かせるとなりと、塾代も含めた学費だけでも当たり前のように1千万は超えることを覚悟する必要があります(私立の小中高に通わせるなら倍増以上するかもしれません)。

国立大学でも4年の学費は、学部にもよりますが約500万円を超えると思いますし、私立だと更に上回ります。

そう考えると、20代、30代、40代としっかりと貯金を積み上げて行くことができないと、結婚、そして子育てに大きな不安を抱えることになります。

独身なら大丈夫か? と思うかもしれませんが、やはり定年後の生活や、介護施設などの入居費などを考える必要があるので、やはり貯金が少ないと不安しかないと言えます。

スポンサーリンク

 転職で好待遇の企業に転職するのは当たり前なのか

定年まで働き続ける価値のある企業に、新卒の就職活動で入社できればいいのですが、あなたの望む生活をするには昇給を考えても難しい企業に入社してしまったのでしたら、給料に見合った生活に妥協するか、それとも転職してもっと稼げる企業に転職するしかありません。

後は、独立して起業したり、副業をするといった方法もありますが、サラリーマンとして会社の給料を生活の柱にするのでしたら、妥協か転職しかないと思います。

今の企業がブラック寄り、または給料が低いなら、結婚できても余裕がなくギスギスしてしまったり、子供を生むかどうかで揉める可能性もあります。また、子供ができても大学に行かせるのが難しい……お金だけが幸せではありませんし時にはトラブルを招きますが、お金を上手く使えた方が豊かな生活ができるのは事実です。

そして、お金がないと生きて行く上で大きな制限を受けますし、周りと比較するなと言われてもどうしてもお金がないことによる劣等感を感じることが増えると思います。

もし生活に支障をきたし、将来のために貯金が禄にできないのでしたら、今の企業よりも稼げる企業に転職できるように行動してみてもよいと思いますよ。

安易な転職を勧めている訳ではない

私は、給料に不満があるなら絶対に転職すべき!と言っている訳ではありません。

本当に今の職場で働き続けていても、期待する程昇給していないのか、今の企業の仕事のやりがいという価値、給料以外の待遇である休日数や福利厚生や残業の有無といった待遇面や労働時間の良し悪し……これらを考えた上で、他の企業に転職するべきなのか考えてた上で転職するべきと言えます。

ただし、私個人としては、実際に転職するかどうかは別としては、転職活動は定期的にするべきだと思います。

それは、転職活動を通して自分が今働いている企業を客観的に評価するべきだきだと思っているからです。

転職エージェントを利用して、担当のスタッフと相談してみて、希望する年収額を目指せる企業に転職できないか相談してみてはどうでしょうか?

もし、難しいようでしたら、今の職場で働き続けてもいいと思います。

経験年数や能力、資格、そしてあなたが転職活動をしている時期によって、応募できる求人は変わってきます。

本気で今の職場からすぐにでも逃げ出した方がいいと思っているなら、多少の妥協をしてでも、今よりもマシな企業に転職した方がいいかもしれませんが、そうじゃないのでしたら、定期的に転職活動をして転職したいと思える求人を探しみるとよいと思います。

そうすれば、あなたが年齢と能力に見合った職場で働けているのか知る事ができると思います。

自分で求人を探してもいいのですが、自分の市場価値を自分で判断するのは難しいと思います。

求人を見ても、待遇が良く企業に自分が採用される可能性はあるのか……と思ってしまう人もいらっしゃると思います。

転職エージェントなら不採用にならない訳ではないですが、転職エージェントは採用が決まることで企業側からだけ成功報酬を貰って、それを利益の中心にしていることがほとんどです。

そのため、無料で利用できる労働者側が何とか希望に近い企業から採用されるように手厚いサポートをします。求人に関しても、採用されない可能性の求人を提案しても意味がありません。

だからこそ、転職エージェントを利用した方が効率良く転職活動ができるのです。

もし、今の企業で給料面に不安があり、貯金も碌にできないようでしたら、一度転職活動をしてみてはどうでしょうか?

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク