転職貧乏にならないための転職活動

b82ae0f5efa983c0fd13602af20ea983_s

「転職をする度に給料が下がって行く!」

「最初に入社した会社を辞めなければよかった…」

上記のように、転職を後悔する人は残念ながら少なからずいらっしゃいます。

転職貧乏とは、二つの意味合いを指すことがあり、一つは転職活動が長引き生活費のための貯金が無くなって行くケース、そしてもう一つは転職をする度に給料が下がって行くケースになります。

基本的には、後者の転職を繰り返すごとに給料が下がって行くケースを指す事が多いと言えます。

そのため、ここでは後者の転職を繰り返して給料が下がって行くケースについて述べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

転職で給料が下がるケース

転職を繰り返して給料が下がるケースとしては

・やりたい仕事が明確ではないまま転職をする

・経験を積まずに同業他社への転職を繰り返す

・ブラック企業に連続して転職する

上記が主な原因と言えます。

上記が発生する原因のとしては、どのような仕事をしたいのか明確に出来ていない点と転職前の調査不足が挙げられます。

やりたい仕事が明確ではないまま転職をする

5d66b3730f2f6907590881f5f9f7ac34_s

誰もがやりたい仕事を持っている訳ではないので、就職した会社の仕事内容に自分を合わせるのも良いと思います。

ただ、それができずに転職するなら、合わせることが苦手な可能性を持つべきです。

その事が分からずに転職をすると、青い鳥症候群のように、

「この会社自分がいるばき場所ではない・この仕事は自分がするべき仕事ではない 」

と思って転職を繰り返すことになります。

目的なく短期転職を繰り返すと、企業側は入社させてもすぐに辞めると思ったり、問題のある人物だから短期転職を繰り返すと思って採用しなくなります。

そのため、結果的に待遇が悪くて人手不足を起こしている会社以外は採用しなくなるのです。

経験を積まずに同業他社への転職を繰り返す

f616418f8aa8449b2ed0a93b355b48f2_s

やりたいことが明確なのに転職貧乏を起こすパータンが、経験不足で同業他社、またはやりたい仕事の職種がある企業に転職を繰り返す人になります。

これは、やりたい仕事が明確で飛び込んだのに、新入社員であることを忘れて、始めから責任のある仕事を求めたり、高い技術が求められる仕事をやりたがる人にあてはまりやすいです。

大手企業程に、入社時のスキル関係なく、全員に同じ内容の研修を課すので、始めからスキルを持っている人には物足りなくなる事が多いです。

また、やりがいのある仕事ほどに勤続年数を重ねないと割り振られない傾向もあります。

そのため、前述した青い鳥症候群のように、

「もっと自分を必要にしてくれる企業で働きたい」

と思って転職する人は少なからずいらっしゃいます。

ただ、碌な経験や実績がない人を責任のある仕事に抜擢する企業は、やはり人手不足で待遇の悪い会社が多いので、給料は下がって行く事が多いと言えます。

そして、今度は自分のスキルや仕事の忙しさと待遇が釣り合っていないと転職しようとしても、短期退職の繰り返しで経験が積み上がっていないことから、新卒で入社した未経験者にも追い越されて、大手には相手にされなくなっていることが多いです。

ブラック企業に連続して転職する

絶対に避けたいブラック企業からブラック企業への転職ですが、焦って転職する程にこのケースに嵌り、最終的にブラック企業以外に就職する先は自分にはないと諦めてしまうパターンになります。

ブラック企業に転職しないためには、事前に求人の情報や面接からブラック企業かどうかの判断をする必要があります。

詳しくは求人の内容からブラック企業かどうか判断する方法で述べていますが、今のブラック企業から逃げ出すことだけを考えて、転職先の調査を疎かにすることだけは止めましょう。

そもそも、一度ブラック企業に入社しているのですから、再度軽率に入社すれば、同じ轍を踏む可能性が高いのです。

そのため、必要な貯金を貯めたり、実家に頼ったりして、一度ブラック企業を辞めた後に、落ち着いて転職活動をするようにしてください。

ただ、貯金が少なかったり、実家の支援が無い場合ですと、生活費に困ることになるケースもあるので注意してください。

なお、ブラック企業を避けるのでしたら、自分一人で転職活動をするのではなく、ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイトで紹介しているような、転職エージェントを利用して、専門のスタッフに求人を厳選してもらうのも良いと思います。

転職時に転職エージェントを利用する

6f464d7157da4356ed8a1435b96fa89f_s

自分で自分の価値を推し量るのは非常に難しいです。

そのため、転職エージェント等を利用して、担当のスタッフに、自分のスキルと経験でどのような企業に転職できるか確認してみる事をオススメします。

客観的に自分の評価を聞いて、自己評価との齟齬はどれだけあるのか聞き、自分が求める企業の待遇や仕事内容と実際に転職が可能な求人を紹介して見比べてみてください。

もしかしたら、あなたの希望が叶うかもしれませんし、逆にあなたが転職を甘く考えていたことが分かるかもしれません。

どちらにせよ、自分だけの判断で転職を突き進むと、どんどん待遇が落ちていき、やりたい仕事もできず、転職貧乏になっていくかもしれません。

そのような事態を防ぐために、自己評価による思い込みで転職を繰り返さないようにしましょう。

あまりにも転職を繰り返して、転職貧乏になると挽回することができなくなるかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク