ブラック企業でも短期間で辞めたら転職先は見つからないか

6c5b6d7dfe2e62266c31e4cbd81ffe70_s

ブラック企業に入社した人で悩むことの一つは、短期間で退職して転職先を見つけることができるかどうかだと思います。

やはり、履歴書に短い期間の就業を載せるとなると、求人の応募先の企業に不安を与えるのではないかと思う人はいらっしゃると思います。

では実際に短期間の就業が期間が足を引っ張るのか言われると…残念ながら足を引っ張ります。

しかし、勘違いしないで欲しいのは、短期間の就業期間によって転職ができない訳ではないことです。

スポンサーリンク

応募できる会社と応募できない会社

新卒に人気のある大手企業などには応募できないと思った方が良いです。

理由としては、そのような企業は未経験者の若手は新卒で済まして、中途は即戦力のみの採用になりがちだからです。

人手不足になりにくいから、短期退職者の第二新卒を採用する必要性が低いと言えます。

ただ、少子高齢化が進む日本で、新卒を十分採用できる企業の方が少なくなってきているのも事実です。

実際に、中小企業は内定を新卒に出しても、大手企業に奪われて目標人数を確保できずに頭を悩ませる機会が増えています。

そのため、短期退職をした第二新卒の20代や既卒者を採用する企業も増えています。

第二新卒のメリットとしては、新卒のように4月まで入社を待たされることがないので、直前で内定辞退といったリスクがないのも企業にとって大きな利点と言えます。

したがって、大手企業に固執するつもりがないのでしたら、短期退職でも転職は十分可能と言えます。

ブラック企業からブラック企業に転職するリスクを減らす

c5af1dacf5f03a643a89dc1bee406df5_s

絶対にブラック企業を避ける手段は残念ながらありません。

ただ、ブラック企業に入社するリスクを減らすことはできます。

「ブラック企業を短期間で辞めても、結局はブラック企業しか採用してくれない」

といった記載を見ることもありますが、これは一度ブラック企業に入社してしまった方法を改善せずに転職活動をしたことが原因の場合が多いです。

厳しい事を言えば、就職・転職活動でブラック企業に入社した経験があるので、あなたの企業を見る目、そして調査方法に問題があった可能性も高いです。

そのため、自分なりの就職活動で一度失敗しのでしたら、他の手段に頼る事を考えるべきです。

第二新卒・20代専門の転職エージェントを利用する

自分一人の就職・転職活動でブラック企業に入社したのでしたら、今度は信頼できる転職エージェントを利用してください。

転職エージェントの中には、ブラック企業を紹介する企業もありますが、大手の転職エージェントを利用すれば、絶対とまでは保証できませんが、ブラック企業を避けることはできると思います。

また、担当のスタッフがあなたの希望などを聞いてくれるので、自分で求人を探すことなく、希望条件に近い求人に応募することができます。

求職者側の利用は基本的に無料なケースがほとんどなので、利用して損することは無いと思います。

最近は、新卒や経験者の求人サイトで有名な大手も、第二新卒者や20代の転職市場が拡大していることから、参入が目立っています。

単純に20代の転職者が増えたからと思うかもしれませんが、それだけではありません。

採用する企業側の需要も高いことから、仲介する企業も増えているのです。

これは、短期間で退職しても転職できる企業が増えている事を表しているとも言えます。

だからこそ、信頼できる転職エージェントを利用して転職活動をして、あなたの希望に合った企業を探してみましょう。

ブラック企業で長期的に働いてはいけない

「ブラック企業に就職したけど、我慢して数年間は働いて転職しよう」

そう決意して、転職する体力が残らずに体を壊したり、鬱になる人は非常に多いです。また、ブラック企業は働きながら転職活動できないようにプライベートの時間を削るように仕向けたり、洗脳教育のように他の転職する場所がないと思い込ませるケースもあります。

また、たかが数年と思うかもしれませんが、数年あれば公務員に慣れる可能性もありますし、取得の難しい専門資格を取得することもできます。

20代の数年は非常に貴重です

結婚もしている人は少ないと思うので、自分から積極的に何でも挑戦できます。

逆に30代近くなってくると家族といった背負うものや、将来の不安が大きくなって足がすくむようになってきます。

だからこそ、少しでも若い内にブラック企業から迅速に転職してください。

短期退職をしたというハンデ以上の大きなハンデを背負うことになるかもしれませんよ。

⇒オススメの転職サイト・エージェント一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク