大量採用している会社はブラック企業なのか

cf6aa03572cac7e39aa2cd9e9d5e5aa5_s

採用活動で50人、100人と大量採用している企業を見ると、この会社はブラック企業なのではないか…と不安に感じる人はいらっしゃると思います。

個人的な意見も含まれますが、安全を第一に考えるのでしたら、大量採用はブラック企業の可能性が高いと思った方が良いと思います。

ただ、必ずしもブラック企業という訳でもないので、簡単にですが、注意する点を記載して行きたいと思います。

スポンサーリンク

大量採用がブラック企業と思われやすい点

大量採用している企業がブラック企業と判断されやすい理由としては、周知されている通り、「採用数が多い=離職者が多い」が成り立っている可能性が高い理由です。

ただ、他の理由としては、新卒採用の場合は、全国の営業所や店舗をまとめて採用活動しているケースになります。

他にもグループ企業の場合は、グループ全体で採用活動することがあるので、ブラック企業関係なく採用人数が非常に多くなります。

そのため、「大量採用=ブラック企業」と決めつけ過ぎない方が良いかもしれません。

ただ、上記の本社が全国の営業所の選考を受け持ったり、グループ全体の採用活動は、基本的に新卒の採用に限られるので、中途の採用の場合は営業所やグループの会社が個別に選考をすることが一般的です。

したがって、中途の転職の場合でしたら、大量採用している求人は避けるべきですし、全国展開していたり、グループ企業の場合は、ネットなどで簡単に評判を調べる事も出来ます。

大量採用して使い捨てにするブラック企業の判断方法

ネットの評判などを調べるのが一番ですが、それ以外の方法としては、

・求人が常に掲載されている

・配属される勤務候補が多い

・多数の転職サイトに登録されていて、検索順位が高い

上記の点に注意してみると良いと思います。

求人が常に掲載されているのは、当然ですがそれだけ人手不足な状態が続ていることが示している可能性があります。

ただ、企業によっては、能力のある人だったら、時期を問わずに面接をするといった意味合いを持っていることもあるので、絶対にブラック企業という訳ではありません。

しかし、複数の転職サイトで求人を掲載していたり、未経験者も大量に採用しているようでしたら、ブラック企業の可能性が高いです。

未経験者の採用が悪い訳ではないですが、未経験者を大量に採用したり、教える側がの人手が足りなくなることを想定すると、とにかく人不足の穴埋めをしたいといった企業のいい加減な思惑を読み取らざるを得ないと言えます。

最後に配属される勤務地候補が多い点ですが、勤務地によって休日や給料が変わったり、何処に配属されるか分からないような企業はオススメしません。

上記の条件に承諾する時点で、企業にとって動かしやすい人材と判断される可能性が高いです。

また、基本完全週休2日制と言いながら、配属先によって休日日数が変わると注釈されているような企業は、ほぼ確実に完全週休2日制ではないと思った方が良いです…どの企業とは言いませんが。

企業の評判を調べたら転職エージェントを利用する

6f464d7157da4356ed8a1435b96fa89f_s

求人からでも「絶対にブラック企業だろう…」と判断できるケースもありますが、当然ですが判断できない、または確証が持てないケースの方が多いと思います。

その場合は、正確性は落ちますがネットの情報を参考にしたり、このサイトでも紹介しているキャリコネといった口コミサイトを利用して情報を集めてみると良いと思います。

零細企業までは流石にカバーできませんが、ある程度の規模の会社…とくに大量採用している会社でしたらある程度の情報は集まると思います。

火のない所に煙は立たぬと言いますので、ブラックな噂が多い企業でしたら、回避した方が入社後に後悔しないと思います。

また、信頼できる転職エージェントを利用して、担当のスタッフに情報を教えて貰いながら転職活動するのも良いと思います。

求人からの情報やネットから得られる以上の情報を得られると思います。

また、明らかなブラック企業の求人を転職エージェント側も紹介して来ないと思うので、ブラック企業に入社するリスクも減らせると思います。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク