仕事ができずサービス残業をしたくても禁止されていたら

サービス残業を好む人は滅多にいませんが、責任感が強い新入社員や出世に意欲的で残業代がでなくても仕事を覚えるために働きたい…という人は少なからずいらっしゃいます。

特に周りは残業せずに仕事を終わらせていたり、残業をしていても仕事量が多い事からやむを得ない中で仕事をしている中で、自分だけ仕事を終わらせる速度が遅い事で残業せざるを得ないとなると、サービス残業をした方が気持ちが楽…と思ってしまう気持ちも分かります。

ただ、サービス残業を社員にさせることは違法行為になります。

特に最近は、企業も社員もサービス残業に敏感になっています。

サービス残業をしないと会社を経営できないようなブラック企業は、違法行為と分かっていて黙認することもありますが、堅実な経営をしているような企業だと、余計なトラブルを発生させないために、サービス残業の禁止を徹底している事も少なくありません。

また、余計な人件費を減らすために、残業に関しても許可制にして、出来る限り帰宅時間を早める取り組みをし始めている企業も増えていますし、自分の時間を増やして欲しい若者が増えている事も考慮すると時代とマッチしていると言えます。

上記のようなホワイト寄りの企業にとっては、サービス残業を自主的にする社員がいると、職場内の環境を乱す原因になるので辞めて欲しいというのが本音と言えます。

少しでも仕事を覚えたり、周りに迷惑を掛けないためにサービス残業をしてでも働きたいという気持ちを持つことは大切ですが、サービス残業は結果的に企業に迷惑をかける事に繋がります。

それでも強行すれば、自己中心的な人として評価を下げられることもあります。

もし、どうしてもサービス残業をしたいのでしたら、サービス残業をしてくれる社員が多い程に喜ぶような企業に就職することです。

まあ…そのような企業のためにサービス残業をしたいと思えるかどうかは別ですが。

優良な企業で働ける新入社員程に「評価を下げられたくない」、「迷惑をかけて居づらくなりたくない」と思ってサービス残業でも頑張りたいと思ってしまう社員が発生しやすいと言えるかもしれません(特にブラック企業から優良企業に転職できた人程に)。

スポンサーリンク

サービス残業する前に先輩社員に相談をする

仕事が終わらないのでしたら、まずは先輩社員としっかりと相談する事から始めましょう。

また、新入社員の人でしたら、最初は仕事に慣れるまでは他の社員よりも効率が悪くなるのでは仕方がないので、サービス残業ではなく残業の許可をしっかりと確認しましょう。

もし、残業の許可が下りなければ、残業をせずに済む対策を上司がしてくれると思います。

結果的に他の社員の負担が増える可能性もありますが、新入社員が仕事をスムーズに処理できない事は仕方ないので、しっかりと感謝し、少しずつ仕事に慣れて行く努力をすれば、人間関係に大きな問題が発生することは少ないです。

残業の許可を貰ったり、周りの社員に仕事をサポートして貰う事に気後れする人もいらっしゃると思いますが、周り相談せずに一人で抱え込まられる方が結果的に周りに迷惑をかける事が多いですし、理解もされにくいです。

仕事をする上で悩みや問題が発生しているのでしたら、しっかりと他の社員と共有して理解して貰い、一緒に対応策を考得て貰った方が、結果的に負担を軽くする事が多いですし、不信感を与えることも無いと思った方が良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク