正社員の価値は下がっているのか

ec67a34447f736ed8f4c2c8cfe794e9f_s

昔と比べると正社員の価値が下がっているかと言われたら、恐らく下がっていると言えます。

理由としては、働き方の多様化によって、フリーランスや個人事業主として働ける選択肢が増えている事が挙げられます。

能力の高い人によっては、高校や大学を卒業したら、そのまま個人事業主として働く人もいらっしゃいます。

それだけ、稼げる方法が増えていると言えます。

一方で正社員に関しては、昔のバブル時代と違って、現在の日本の経済は停滞に近い状況になっていることから、終身雇用が少しずつ崩れ始めていますし、勤続年数によって給料が上がる年功序列のシステムも崩壊はしていませんが、昇給の上がり幅は全体的に低下している傾向があります。

そのため、正社員の価値が下がっているかと言われたら下がっているといった方が正しいと思いますし、上がっているとは言えないと思います。

スポンサーリンク

価値が下がっても安定を選ぶなら正社員

正社員の価値は下がっていますが、一方でフリーランスや個人事業主として働くにはリスクが高いです。

また、派遣社員として働く選択もありますが、結婚や出産を機会に専業主婦になる事を考えていたり、将来的に独立する事を考えていないのでしたら、オススメはしにくいです。

実際に、派遣社員として働きている人の中には、正社員になりたくてもなれない人が一定数いらっしゃいます。

正社員の価値は低下している…ただ、それでも安定して長期的に働く事を考えるなら、正社員として働く事が一番無難のは昔と変わっていません。

これで、正社員の待遇が下がって、派遣社員などの待遇が大幅に改善したり、もっと起業のリスクなどが下がれば話は別ですが、今の日本の状況を考えると、まだまだ解雇されにくく、一定水準の年功序列がある正社員を選ぶ方が安心して生活できると言えます。

名前だけの正社員が増えている

正社員と言う名前で釣って、実際の待遇はフリーターや派遣社員と同じか、それよりも悪い事もあります。

このようなブラック企業が増えていることも、正社員の価値を下げている原因と言えるかもしれません。

明らかに待遇がおかしいと思って転職する人が多いですが、一方で新卒の人だったり、派遣から正社員いなった人などですと、「これが普通」と一種の洗脳状態になって働き続けてしまう人も少なからずいらっしゃいます。

また、派遣と正社員を比較すると、その待遇関係なく、正社員の方が社会的地位が上…といた風潮があることからも、例えブラック企業でも、次の職がすぐに見つかる変わらないといった不安を感じて、辞めずに続ける人もいらっしゃいます。

長期的に働ける企業の正社員として働く

正社員に価値があるかどうかで判断するのではなく、勤める会社の待遇面だったり、自分の目的などを考慮して勤め先や働き方を決めましょう。

前述したように、将来的にフリーランスや自営業として働くなら、時間を作りやすい派遣社員として働くのも悪くありません。

会社に所属して働く事を考えているのでしたら、正社員として働きたいという思いは間違っていませんが、大切なのはどの業種を希望して、どの企業で働くかになります。

ブラック企業のように、何時体調を壊すか分からない激務の職場や、待遇が目に見えて悪いよう企業に入社してしまっては、そもそも正社員として入社した意味がありません。

また、自分が一切興味のない仕事や適性のない仕事に就いても長期的に働ける可能性は低いです。

そのため、正社員として働く事だけを目的にして、就職活動・転職活動をすることのないようしてください。

しっかりと事前に企業調査や自分のやりたい事や希望する条件などを考えて、ミスマッチのない企業に就職するようにしましょう。

⇒オススメの転職サイト・エージェント一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク