後輩が出世したことで追い抜かれて辛い

自分の部下だった後輩が出世して、追い抜かれるショックは筆舌に尽くしがたいと思います。

悔しい、自分が惨め、何で自分ではなく後輩が、気まずい……色々な感情や重いが渦巻いている人もいらっしゃると思います。

能力面や実績で清々しく負けてしまっているのでしたら、何とか仕方がない……と思える人もいらっしゃるかもしれませんが、そのような人ばかりではないと思いますし、理由も明確に分かるばかりではないと思います。

特に結果や能力面がぱっとせずに、人間関係の良し悪しが大きく影響を与えるのではと疑えてしまう場合は、納得できないとでしょう。

しかし、どのような理由があったとしても、出世で追い抜かれてしまったという現実を変えることはできません。

また、自分よりも上の上司にゴマすりなどをして出世していたとしても、それも一つの社会で生きて行く上で大切な手段の一つでもあります。

それが有効な手段であることが分かっていながら、自分はしなかった、又はもっと実力が優先されたり、逆に年功序列による出世・昇給が厳格な企業に転職しなかったあなたのミスとも言えます。

そのため、追い抜かれた原因を今一度考えて、どうやって再度追い抜いた部下の上に立てるか考えてみるとよいと思います。

もちろん、開き直って諦めるのも一つの手段です。

これから、追い抜かれたあなたがとるべき行動の選択肢をいくつが挙げたいと思います。

スポンサーリンク

悔しさをバネにして働く

誰でも思い付く激励の言葉のようになりますが、やはり悔しさを仕事にぶつけて自分も出世を目指すべきと言えます。

その際は、先ほど述べたように、仕事の能力や実績が重視されているのか、それとも上司に気に入られることも重要なのか、または両方かをしっかりと考え、何が欠けていたのかを考えてみましょう。

問題なのは、あなたが知らないだけで、上司や後輩、同期から嫌われていたりする場合です。

これに関しては、私からでは何とも言えませんが、周りと距離を取ったり、歩調を乱すような事をしていなかったかよく振り返ってみましょう。

状況によっては、かなり手遅れになっているケースもあります。

また、部下に追い抜かれた事で、イライラを周りにぶつけることは絶対に止めましょう。今までのあなたの信頼が一気に落ちる可能性もあります。

悔しさを捨てる必要はありませんが、あくまでも自分の中で抑え込みながら、仕事のモチベーションにできるようにしてくださいね。

むしろ、周りから仕事だけではなく、人間性という面でも信頼されるように力を入れてみてはどうでしょうか?

諦めるて開き直る

出世が必ずしもいいことではありません。

出世すれば責任は増えます。また、給料が大幅にあがるかどうかも、企業次第と言えます。

あなたの企業の場合はどうでしょうか?

追い抜かれたことにショックを受けるばかりではなく、むしろ出世した場合のデメリットを考えて、自分を落ち着かせてみるのもよいと思います。

悔しさを感じて仕事に打ち込みの良いと思いますが、自分のペースで仕事をしていき、認められたら出世して行く気持ちで、長期的な視線で働く事も決して間違っていません。

その方が、結果的にストレスも溜まりませんし、プライベートに仕事のイライラを持ち込むことも避けることできるので、結果的に自分の人生を充実させられるかもしれませんよ。

また、今の職場で自分が出世することが難しいと思えてしまったのでしたら、あなたの年齢にもよりますが、キャリアアップを狙った転職を考えてみてもよいと思います。

特に人間関係の面で、下手打ってしまった場合は挽回が難しいので、新しい職場で自分の能力と実績を売り込んで転職した方がいいケースもあると思いますよ。

大人の対応をすることは忘れない

暖かい拍手を心の中でしながら、「おめでとう」と言ってあげるのが、大人の対応です。

実際はイライラしていてもです。

また、後輩にとっても、自分の上司だった人が、部下になるのですから居心地は悪いハズです……あなたが、その部下に対して粗雑に対応していなかったらですが。

職場の雰囲気がギスギスしてプラスに向かうことは少ないので、悔しくても仕事をする上で問題のない関係は構築しましょう。

その上で、あなたがどのような選択を取って働いて行くのか見つめ直してみてはどうでしょうか?

サラリーマンとして働いてくなら嬉しいことも嫌なこともある

自分よりも年下の上司の下で働いている人は少なくないですし、人によっては年下の社長が経営している企業で働いている人もいます。

しかし、自分よりも年下の人の下で働く事で起こる問題は、結局はプライドの問題と言えます。

サラリーマンとして働いていれば、リストラの危機だったり、倒産の危機、または仕事の大ポカなどと直面することもあります。

出世どころか降格……なんて現実に直面している人もいらっしゃいます。

そのような事態に比べれば、後輩に追い抜かれる程度大したことないと思えるはずですし、自分が再度追い抜かすチャンスもあるのです。

また、自分が出世するのに今の企業があっていないと感じるのでしたら、転職もいいでしょう。

サラリーマンとしてどのように働いていくの考えるいい機会だと割り切ってみてはどうでしょうか?

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク