給料が低いことがコンプレックスになっている

給料が低い、自慢できる企業で働けていない……といったことで、「同窓会の誘い」、「地元の友人や学生時代の友人の飲みの誘い」に行きたいないと思ってしまっている人もいると思います。

特に学歴が高いのに、給料が低かったりすると、コンプレックスになって、一流企業などにいっている可能性の高い学校の同窓会や、自分の学歴が飛びぬけていることを知っている地元の友人の飲み会などには顔を出しにくい人もいらっしゃると思います。

本当に友人達が自分達よりも恵まれているのか、給料が高いのか、見栄を張っているだけではないのか……分かりませんが、やはり今の自分の状況に恥ずかしさを感じているのでしたら、低い給料から抜け出す必要があります。

スポンサーリンク

コンプレックスを抱えることは悪い事ではない

給料の低さなどにコンプレックスを感じていますことは悪い事とは思いません。実際に、コンプレックスを克服するために、努力をして成功する人は少なくありません。

大切なのは、コンプレックスといった劣等感を原動力としては、状況を打開することができるかどうかです。

残念ながら、マイナス思考になり、給料が低くても、「自分には相応」、「努力しても無駄」といって諦めてしまう人も人もいらっしゃいます。

あなたは、そのような人にならないようにしましょう。

給料を上げて堂々と友人達と飲みたい、同窓会に行きたい、結婚したい……劣等感を原動力に行動を始めましょう。

サラリーマンが給料を上げるには

選択肢は限らています。

・今の職場で働き続けながら給料を上げる

・転職する

・公務員を目指す

上記が主な方法になります。副業に関しては、給料とは違いますが、上手く行けば、安定して収入全体を底上げるすることはできます。

まずは、何故給料が低いのかを分析してみましょう。

今あなたが働いている企業に将来性はあるでしょうか?

「出世していけば給料が上がる見込みはあるでしょうか?」

「経営者の親族以外が出世できないような企業ではないでしょうか?」

もし、出世の期待ができなかったり、出世しても給料が上がる見込みのないような企業でしたら、働き続ける価値は低いかもしれません。

転職に有利な経験が積めるなら、すぐに転職することは時期尚早の可能性もありますが、一度転職活動を通して、もっと条件のいい職場で働く事ができないのか転職活動をしてみてもよいと思います。

数年働いて、全く給料が上がらないような企業で働いているのでしたら、もしかしたらブラック企業に知らずの内に働いている可能性も考えてみるとよいと思います。

公務員を目指す

正直に言えば、公務員の給料はそれ程高くありません。20代の時期はむしろ低いです。

優遇されているのは、勤続年数を重ねる程に着実に給料が増える点と、退職金や福利厚生などの点と言えます。また、基本的に解雇されないので、安定しているので、社会的地位が高い点と言えるかもしれません。

給料の低さに関してのコンプレックスが改善されるかと言われたら、給料の低さの水準にもよると言えます。ただし、30代後半、40代になっていけば給料も上がって行くので、あまり高い給料の水準を考えていなのでしたら、十分満足できる生活は遅れると思います。

問題なのは、公務員試験の難易度と年齢制限になるので、受験を考えている場合は、事前に確認を忘れないようにしましょう。

視野を広くして働く

個人的には、コンプレックスを抱えてしまう程の状況なら、気分を一新させることを考ええても、転職を検討してみるとよいと思います。

ブラック企業だったり、給料水準全体が低い職場でしたら、出世しても期待したような昇給がなされないことがほとんどです。

そのため、現状に不満があるのでしたら、給料水準が高い職場を探し見るとよいと思います。

注意点としては、給料以外の休日数や仕事内容といった点になります。

やりがいが無くてもいいのか、休日数は少なくてもいいのか……給料以外の条件によっても転職を成功させられる難易度は大きく変わります。

そのため、転職エージェントのスタッフなどと相談して、どのレベルの求人に応募できるかなどを相談してみてもよいと思います。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

周りと比較しないようする

状況を改善するのではなく、自分自身を変えるのも一つの手段ではあります。

人と比較していては、際限がないのも事実です。下を見ればいくらでも下はいますし、上を見ればいくらでも上はいます。

そのため、周りと比較しないようにする事も大切ではあります。ただし、自分がある程度幸せを感じられる状況にいないと難しいのも事実です。

特にサラリーマンの平均年収だったり、結婚に求められる給料などは、一般のサラリーマンとの比較になるので、下回っているとどうしても気になってしまうのは仕方がありません。

人と比較しないことが大切だといっても、努力しなくていもいい言い訳にするのではなく、自分の人生を考える上で、一つの参考とした上で行動していくようにすることを個人的にはオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク