結婚する前に残業が多い企業から転職した方がいいのか

残業時間が長く、プライベートの時間があまり持てない中で結婚するとなると、家族との時間が持つことが難しくなりますし、転職活動の時間をとる事も更に難しくなります。

また、自分以外にも、配偶者、そして子供のことも考える必要があるので、安易に転職する事ができなくなります。

そのため、残業時間が長い職場で、将来的に不安を抱えているのでしたら、結婚する前に転職する事を考えておくべきです。

最悪、家族の時間が持てず、すれ違いの日々で離婚に繋がることも決して珍しくありません。

スポンサーリンク

配偶者の理解と残業の日々が続く目安を確認する

残業が長く、会社にいる時間が長いことから、結婚する上で大きな不安要素になります。

※夫健康で家にはいない方がいいとか思っている女性もいますが……そのようなケースは例外とさせて頂きます。

そして、いざ結婚を考えるようになった際に、「今の職場は不安だから転職しよう」とは簡単に行かないのが事実です。

結婚後に転職するのも不安ですが、結婚が視野に入った段階で、転職するのも、相手にも自分にとっても不安です。

そのため、結婚後の家庭の時間を大切にするなら、始めから残業が多い職場では働かず、転職するべきと言えます。

ただし、やりたい仕事だったり、将来的に出世して給料が上がれば残業が減る可能性がある、または残業分の見返りがあるなら、そう簡単に辞める決断ができないものです。

したがって、転職がすぐにできないのでしたら、事前に配偶者に対して、どれだけ勤務時間が長いかしっかりと伝えること、そして残業が少なくなる目安があるかどうかも伝えるべきです。

付き合っているんだから、何となく把握できるだろうと伝えていないと、結婚後のギャップでギクシャクすることになる可能性も少なくないので注意することをオススメします。

勤務時間の長さに見合う職場なのか考える

勤務時間が長く、残業時間が常態化しているような職場だと、自分や家族の時間うんぬんの前に、健康面に問題が発生したりする可能性も高いです。

そのため、そもそも本当に将来背のある企業で働いているのか、見返りは十分期待できるのか考える事も大切です。

家族のために働いていても、結局待遇の悪い職場で働いていては、なかなか報われません。

もし、ブラック企業で働いているのでしたら、もっと待遇の良い職場で働き、給料を上げて、休日数を増やし、帰宅時間を早められた方がメリットが大きいのではないでしょうか?

もちろん、転職すれば、必ずしも人生が上向くとは言いません。

それを確認するために、働きながらでも、転職活動を始めてみて、今の自分のキャリアで、もっと伸び伸びと働け、給料がいい職場がないか探してみてはどうでしょうか?

難しいようですたら、条件面を妥協してみてもいいですし、今の職場があなたが思っている以上に良い条件であることが分かり、モチベーションを上げる事が出来る可能性もあります。

どちらにしても、視野を広くしてデメリットは無いと思います。

何が大切なのか考えながら働く

給料、休日、家族やプライベートの時間、仕事のやりがい……全てを満たすのは、やはりなかなか難しいです。

そのため、優先順位を持って働く事も大切です。

給料が高ければ、一定の心や家庭などの均衡を保てるのか、多少給料が落ちても自分の時間や家族の時間増やしていたいのか、それともやりたい仕事を最優先するのか。

その姿勢次第でも、結婚を考えている相手に対して、どのように理解して貰うのかも変わってきます。

同棲期間などが長ければ、お互いに日々の生活のサイクルも分かる可能性もありますが、それでも将来的な設計までは分かりません。

そのため、何度も言うように、言葉に出して結婚後の生活や仕事の将来性、勤務時間の変化、そして転職の可能性などを話し合っておくことをオススメします。

そして、不安要素がある職場で働いているのでしたら、結婚を考える前に、解消できる職場に転職しておくことと良いでしょう。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク