過労死ラインが働きすぎの最低基準になっている風潮は間違っている

faef19d8ea343b97e86b1e7a2afde762_s

日本の過労死ラインの基準は、時間外勤務80時間になります。

それも、健康障害の発症数か月前の時間外労働が80時間以上続いていた場合になります。

そのため、繁忙期による一時的な時間外勤務80時間程度でしたら過労死になる残業とは言えないと日本ではされています。

もちろん、80時間以下でも継続的に残業が続いているのでしたら、労災に当てはまる可能性はありますが、逆に当てはまらない可能性もあります。

そもそも、労災と認められるか否かに関わらずに、「働きすぎで体や心を崩す」時点で労働者にとっては、取り返しのつかない事態になっていると言えます。

ただ、残念ながら日本の職場は今だに定時で帰るよりも、残業をすることが「仕事をしている人」と評価される傾向が強いので、定時で帰れる人の方が少ないのが現状です。

スポンサーリンク

残業時間が50時間を超えれば人を死に追い込める

5904d8055c23c0f4705a5965d8a99db5_s

偶にメディアで取り上げられる過労自殺をした人の時間外労働時間を見ると、残業時間が100時間以上は辺り前で、200時間近く働いている実態が露見する事もあります。

このような数字を見ると、残業時間が50~80時間程度だったら耐えられる範囲と勘違いする労働者や経営者もいらっしゃいます。

そのような事は決してい有りません。

海外では、残業時間50~100時間の工場勤務者が集団で自殺したといった事件もあります。

職場環境の違いもあるので単純に比較はできませんが、逆に言えば職場環境も悪く、残業ができるか否かの適正によっては、残業時間50時間程度でも人を死に追い込むことにもなります。

また、注意して欲しいのは、日本で取り上げられる過労自殺などの問題は、大手企業だったり、残業時間が明らかにおかしいといった目立った事件のみないます。

実際は、誰にも知られずに、過労自殺または過労による病気の発症で体を壊したり、最悪死に追いやられたような出来事は沢山あるとされています。

日本なら海外よりも長時間労働に耐えられるのではなく、耐えられない人達にスポットが当てられていなかったり、労働が原因と判断されていないだけだと思った方が良いです。

もちろん、職場環境が過労に重さに影響を与えてない訳ではありません。

人間関係が良く、休憩スペースによる体の休息がしやすければ、過労死ラインを超えていても簡単に追い詰められずに働ける人もいらっしゃると思います。

逆に言えば、職場環境が悪ければ、残業時間が少なくても倒れる可能性があると言えますし、残業時間が多いとなると…地獄と言えます。

自分の身を守るに自分で行動するしかない

ed27beab7a9c23010a60545025dc10b9_s

残業が常態化している企業ですと、「残業に耐えらえる人」以外は残って行きません。

人によっては長時間働いても平気な人(将来的には分かりませんが)はいらっしゃいます。

ただ、そのような人は少数になるので、無理について行こうとする人の多くは、体調を壊したり、鬱になったりして社会復帰さえ難しくなる状態になります。

会社が変わる可能性も労基などが立ち入りして来ない限り非常に低いので、待っていても状態は悪くなるだけです。

そのため、もし長時間労働に耐えられないと思ったら、周りの目など気にせずに転職する事が大切です。

一つの企業に所属していると、耐えられない自分が異常に感じることもありますが、逆に異常な残業などにも耐えらる人以外残っていないことも多いです。

何度も言うように体を壊したり、鬱になっては、そもそも働く事さえできなくなります。

仮に労災が通っても、あなたの体調が治ることもないので、危険だと感じたら迅速に逃げるようにしてください。

自分の身は自分で守るようにしましょう。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク