管理職に出世したくないというのは我儘なのか

若者を中心に、管理職の出世を望まない人が増えています。

そのため、もし今あなたが管理職への出世を希望せずに、総合職といった職種を意識的に避けたり、上司から店長職の打診を断りたいと思っていても、決してあなたの考えは世間一般から見て少数派という訳ではありません。

スポンサーリンク

管理職への出世を望まない人が多くなった理由

責任が増える、人間関係が面倒になる、仕事量が増えて残業が増える…といった負のデメリットに関しては、今も昔も変わりません。

では何が変ったかと言えば、メリットである給料の上昇が減った事が挙げられます。

例としては、サービス・販売業といった店舗で働いている管理職…店長職として働いている人の中には、名ばかりの管理職として残業が貰えず、一般の社員として働いていた方が給料が高いケースもあります。

また、店舗勤務ではなく、本社・支社などで働いているような人でも、出世したからといって特別給料が大幅に上がる訳ではないと述べる人は少なくありません。

もちろん、大手企業や中小企業問わずに、実力が認めて出世させて、待遇を大幅に上げる企業もありますが、日本全体が成長していた時期と比べれば、圧倒的に少なくなっていると言えます。

逆にキャリア制度がしっかりと整えている企業などは、競争相手も非常に多く、出世ができなかったり、競争が辛く諦めてしまう人もいらっしゃいます。

このような競争を避けるために、現場で働き続けることができる業種(専門職など)や企業を選ぶ人も少なくはありません。

そして、もう一つの理由としてはプライベートの時間を有意義に使いたいと思う人が増えている事が挙げられます。

自分の時間の価値が昔よりも上がっている

この記事を読んでいる人の中にも、出世による待遇面の上昇は魅力的でも、仕事の時間が増えて、帰宅後や休日のプライベートの時間が減る事に危機感がることから出世を避けている人もいらっしゃると思います。

娯楽も増えていることで、仕事以外でやりたい趣味を作る社会人も増えています。

もちろん、お金が多い方が趣味に掛けられるお金も増えますし、やりたいことができる選択肢も増えますが…結局仕事で時間を潰されてしまったり、体力を消耗して趣味よりも休息を優先するようになったら意味がありません。

一番良いのは、出世して給料を増やし、管理職として人を上手く動かして、自分の時間も減らさない、むしろ増やすことですが…それができる職場環境や人は極一部と言うのが現状と言えるかもしれません。

出世を拒否することは我儘と判断されても仕方がない

企業が社員に対して、より責任のある仕事を任せるために出世させることは間違っていません。

社員個人の意見にも耳を傾かせるべきですが、企業に所属して賃金を貰っているのでしたら、基本的には出世を受けいれるべきですし、断ることで企業からの信用を失ったとしたら自業自得と言えます。

もし出世を望まないのでしたら、出世をせずに現場で働き続ける選択を取っても企業が納得せざるを得ない価値を提供する必要がありますし、一緒に働く同僚からも現場に残る事で喜んで貰える程に仕事ができる必要があります。

単純に責任がある仕事をしたくない、自分の時間を潰したくない…と自分が抱える理由だけで出世から遠ざかると、それだけ信用を失ったり、我儘な人材、もしくは仕事ができない人と判断される可能性が高まるので注意しましょう。

もしくは、最初に述べたように、出世や転勤が少ないエリア限定の職種や特別な資格が必要な専門職といった仕事に就くようにしましょう。

出世せずに現場で働き続けるのも、簡単ではありません。

金融業界などででしたら、出世できるように成果を出さなければ、職場に居づらくなって退職せざるを得なくなる企業も珍しくありません。

そのような出世しない事のデメリットもよく考えた上で働き方を考えましょう。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク