ブラック企業に復讐して辞めたい

最初に述べておくと、ブラック企業に対する一番の復讐は、やはり転職を成功させることになります。

ただ、できれば今までの理不尽に対する不満を解消したい…と思う人もいらっしゃると思います。

そのため、簡単に復讐の方法を述べて行きたいと思います。

違法行為になることは述べて行きませんが、全て自己責任でお願いしますね。

スポンサーリンク

労働基準監督署に告発

労基と呼ばれる事が多い、労働者の駆け込み場所とも言っても良い場所になります。

最近は大手企業にもメスを入れることが多くなり、メディアで取り上げられる事も増えています。

もし、今の企業でサービス残業や賃金の発生しない休日出勤が常態化していたのでしたら、タイムカードの記録や出退勤が分かる証拠が分かる者などを用意して告発しにいくと良いと思います。

未払い残業代に関しては、先に自分で企業に要求した上で断られた経緯なども用意しておいた方がスムーズに進むようです(担当する労基の職員でも対応は変わるかもしれません)。

確実に労基が調査に入ってくれるわけではありませんが、ブラック企業にとっては労基の調査が入る可能性は脅威と言えます。

もし、残業代の請求を拒まれたら、労基に相談する事をほのめかすのも良いかもしれません。

…匿名で情報提供したり、企業に名前を知らせないようにお願いすることもできるので、その後に労基に伝えることも一応は可能です。

労基は、是正勧告など以外にも、書類送検することもできます。

書類送検が行われること滅多にありませんが、もしされたら企業の信用は失墜する可能性もあります、中小企業のような社長のワンマンだとそのまま経営が困難になる可能性もあります。

あなたの勤めているブラック度合や運もありますが、一番深刻なダメージを与えられる可能性がある復讐になりますし、残業代も取り返せる可能性があるのでメリットもあります。

また、労基が企業にはいれば、職場も改善されるので、職場の雰囲気は悪くなる可能性はありますが、長時間労働、または残業の未払いが改善される可能性が高いので、勤めている社員の人達にも一定のメリットを与えてくれると言えます。

ただ、証拠を揃える必要があるので、ハードルは少し高いと言えます。

自分がいなくなると職場が回らなくなってから辞める

一番忍耐が必要な復讐方法になります。

ブラック企業だと人手不足が深刻だと思うので、一人が負担する仕事も多いと推測できます。

そのため、積極的に自分しかできない仕事を増やしたり、取引先とのパイプを太くした上で、突然辞めると企業に大きなダメージを与えることがでいます。

退職届を出したら、退職日まで有給休暇を全て利用して、ほとんど引継ぎなどもしなければ、企業側は頭を抱えることになると思います。

同業他社に転職するなら、パイプの太い取引先を奪うこともできるかもしれません。

他にも悪い噂を取引先に流すと言った方法もあります。

やり過ぎると法に引っかかる可能性もありますが、証拠が残りにくいのも事実です。

取引先を奪う方法も、場合によっては法に引っかかる可能性もありますが、厳格に秘密にしている情報を利用したり、一定期間の競業を禁止する就業規則などを設定してる(代償措置などをしっかりと設けている)場合などになります。

そんな、手間とコストをブラック企業が敷いている可能性は低い…ですが、自己責任で実行するか考えてみると良いと思います。

なお、あなたが他の社員から信頼されていたり、代わりをしたい社員がいない場合は、あなたの退職を切っ掛けに、他の社員も一斉に辞めて、更に会社にダメージを与えられる事もあります。

ネットの口コミを利用する

企業の口コミサイトなどに、ブラック企業の実態を記載することで、企業の評判を落とし、入社する社員を減らす事ができる可能性があります。

ただ、詳しい内容を述べたり、小規模な企業だと、特定されて訴えられる可能性もあります。

そのため、リスク面も考慮した上で、実行するか考えると良いと思います。

復讐のデメリットはストレスと時間

復讐の方法次第では、法律に違反する可能性がありますし、違反していなくても企業から何らかのアクションを受ける可能性があります。

そもそも、復讐をしたいレベルのブラック企業が何をしてくるのが予想できません。

また、時間と手間も掛かります。

未払いの残業代などを請求するなどでしたらメリットもありますが、証拠を揃えたり、企業を相手取って請求するのにはやはり、手間が掛かる上でにストレスも溜まります。

※未払い残業代は2年前までになるので注意してください。

そのため、将来的なメリットを考えるなら、さっさと転職した方が良いと言えます。

ブラック企業と関わる時間が増える程に、あなた自身にデメリットを発生させていく可能性の方が高いと思いましょう。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク