正社員と同じ仕事をしているのに給料が低い

契約社員やパートといった非正規社員として働いている人の中には、正社員と同じ仕事をしているのに、給料や福利厚生といった待遇面が正社員と比較すると大幅に低いと不満を感じている人は少なくないと思います。

最近は、同一労働同一賃金が声高に叫ばれるようになってきていますが、現時点では、まだどのように推し進められていくのか不当面なので期待する事は難しいと言えます。

スポンサーリンク

仕事内容が同じでも給料の差が発生する理由

理由としては、責任の有無や転勤や部門変更の融通性などが挙げられることもありますが、やはり人件費の問題が挙げられると思います。

給料だけではなく、厚生年金といった福利厚生の面、そして正社員の解雇のしにくさを考慮すると、非正規社員を雇った方が会社も利益を上げやすいのです。

そのため、将来的に出世して責任のある仕事について欲しい人材を確保したら、後は人件費を抑えるために非正規社員などを雇う企業も残念ながら少なくありません。

また、出世など関係なく、景気の低迷により、昔からいる正社員を辞めさせることができないから、非正規社員にシフトしているような企業もあると思います。

理由は様々ですが、非正規雇用の求人が増えている事を考慮すると、やはり正社員として雇うコストを嫌っている企業が多い傾向があるのではないかと思います。

不満の原因によって対応を変える

待遇面で不満を持っているのか、それとも正社員と同じ仕事を任せられて不満なのか…似ているようで不満の方向性は異なってきます。

具体的には、非正規雇用として時間にゆとりを持って働きたいのに正社員と大差ない忙しい仕事を任せられて不満を感じている人と、仕事が同じなのに正社員にして貰えないことに不満を感じている人に分けられると思います。

もし、ゆとりを持って働きたいのでしたら、派遣社員として時間に融通の利く企業を派遣会社に紹介して貰うと良いと思います。

軽作業や簡単な事務の仕事もあるので、若い人ですと、それ程派遣先を探すのに苦労はしないと思います。

一方で非正規社員から正社員になりたい人の場合は、非正規社員として働いている企業から正社員登用される事に期待するのではなく、転職で正社員になれるように努力した方が良い事が多いです。

前述した要に、既に正社員として採用する体力が無かったり、そもそも新卒や一定のスキルを身に着けた中途の正社員しか採用しない企業も少なくありません。

また、仮に正社員登用のある企業でも、社内試験のハードルが非常に高かったり、業績で合否も大きく左右される企業となると、非正規のままで長い期間を無駄にする結果に繋がることもあります。

それなら、今の職場の経験を活かせる他社に転職する事を考えた方が効率的な場合もあります。

一つの企業で非正規雇用から正社員になれるように努力するよりも、多数の正社員の求人に挑戦した方が正社員になれる可能性が高いと感じないでしょうか?

非正規雇用から正社員になるのは難しいのか

結論から言えば、あなたの年齢や希望条件によって変わります。

20代の人でしたら、新卒に人気の高い企業など高望みせず、中小企業をメインに就職活動をすれば、それ程正社員になることは難しくありません。

30代以上になると、企業側も一定の経験を求めらるようになるので、ハードルも上がりますが、それでも非正規社員として一定の経験があるので、正社員になることはできます。

最後は本人の覚悟と行動力次第とも言えます(高望みしないことも大切ですが)。

20代の人でしたら未経験者に対して求人の紹介をしている転職エージェントも豊富なので、自分の住んでいる地域付近になる転職エージェントを上手く利用しても良いと思います。

非正規社員として働きながら転職活動する時間がない…と言い訳していると、あっという間に年齢を重ねて行く結果に繋がるかもしれませんよ。

現状を変えたいと思ったのでしたら、すぐに行動に移すようにしましょう。

⇒希望を満たした企業に転職するには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク