日本のブラック企業が減らない理由

585500

日本のブラック企業が減らない理由は、いくつか原因があります。

不景気だったり、企業の経営が突然悪化した事で、倒産予防のために待遇面を下げたりといった社員に不利益が発生するケースがまず一つになります。

もう一つは、企業の経営者層が利益を得るために、人件費を過剰に減らしたり、労働者を使い捨ての道具のように使用する事を始めから前提にしているような悪質なタイプのブラック企業になります。

まあ…どちらでも待遇面で同じなら、理由なんて労働者からしたらどちらでも良いと言えます。

そして、上記のようなケースによって労働者にとってのブラック企業が生まれる根本的な理由は、労働者の立場が弱い点と言えるかもしれません。

法律上は、職業選択の自由がありますし、解雇に関しても簡単に会社は労働者を辞めさせることはできません。

一方で、会社側は社員を「雇ってやっている」といった姿勢が強い傾向があります。

最近は、若者が積極的に転職するようになってきましたが、それでも、まだまだ転職に対して消極的な姿勢方が多いですし、企業側も転職者に対して厳しく判断する事が多いです。

また、非正規雇用の増加によって、企業を辞めたら再度正社員に就けないかもしれない…とった恐怖感を持つ社員も多いです。

上記のような不安を抱える労働者が多い事を知っている経営者が多い事から、ブラック企業を生み出す経営者は多いですし、なかなか潰れない原因とも言えます。

スポンサーリンク

ブラック企業が潰れない理由

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s

ブラック企業が潰れない理由は、社員が辞めないのが最大の理由と言えます。

辞めない理由は、前述したように、辞めた後の不安もありますが、一方でブラック企業の環境を当たり前と勘違いして、働き続けてしまう人もいらっしゃいます。

日本は、欧米などと違って、個人主義ではなく、チーム…和を重んじます。

具体的には、欧米の場合でしたら、個人ごとに割り当てられた仕事をこなして、担当外の仕事を手助けする事は基本的にありませんし、残業をしてまで他の社員のサポートはしません。

冷たく感じるかもしれませんが、一方で手助けすることは、相手の仕事を奪うことにもなるので、むしろ歓迎されないのです。

一方で日本の場合は、自分の仕事が終わっていても、周りが忙しいなら自分も一定のサポートをすることが暗黙の了解として求められる事が多いです。

会社によっては、残業シェアといった、お互いの仕事の効率を落とすのではないと思われる制度がある会社もあります。

逆に言えば、日本人は自分にとって不利な環境でも、自分が所属している企業の方針なら仕方がないと順応しやすく、時間と共に当たり前と感じやすくなりやすいと言えます。

そのため、ブラック企業が潰れない理由としては、辞めることに対する不安、そしてブラック企業の環境を当たり前と感じてまう点と言えるのです。

ブラック企業はこれからも減らないのか

残念ながら、日本のブラック企業が減って行く可能性は低いと言えます。

法律で規制しても、監視する側の人手が足りない状況と言えます。

実際に、法律違反のサービス残業が実質野放しになっている事が理由として挙げられます。

労基の監査が入ることもありますが、やはりブラック企業の数と増える数を考慮すると、無いよりはマシな状態で、「ブラック企業を減らしている」とまでは言えません。

そのため、ブラック企業で働かないようにするには、労働者側が自身で回避するしかないと言えます。

また、仮にブラック企業に入社してしまったら、迷わずに転職する決意を持つ必要があります。

短期退職はハンデになりますが、一方で日本は現在少子高齢化による人手不足で、労働者の売り手市場となっています。

大手の人気企業だったり、業種を絞り込み過ぎなければ、転職すること自体は難しくありません。

そのため、辞めたら転職先が無いのでは…不安に思う必要はありません。

むしろ、若い人程にチャンスはあるので、若い内に転職活動を始めた方が有利です。

ブラック企業で体を壊したり、鬱になっては働く事させできなくなります。

ただ、転職先がブラック企業だと絶望しかないので、安易に転職せずに慎重に転職活動をすることも大切です。

⇒ブラック企業からの転職活動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク