アパレル業界はブラックな業界なのか

ac9

ブラックな業界としては、飲食業界、介護業界、IT業界が挙げられやすいですが、アパレル業界も同様に挙げられるケースが多いです。

アパレル業界は、華やかに見えるので、この記事を見ている人の中でも、アパレル業界への就職を考えている人も少なからずいらっしゃるかもしれません。

一方で、アパレル業界の事を少し調べると、アパレル店員の給料の低さだったり、仕事の忙しさ等が目立って就職を躊躇う人も多いと思います。

そのため、ここではアパレル業界について簡単に述べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

利益を稼ぐのが難しい業界

衣類は季節ものになりますし、流行もあるので、他の業界よりも在庫が残りやすい傾向があります。

また、若者を中心に衣類の値段にもシビアになっているので、薄利多売の傾向になっています。

そのため、在庫管理がよりシビアになっているとも言えます。

ただ、アパレル業界は衣食住の内の一つになるので、需要が決してなくなることは無いので、常に一定のチャンスがある業界でもあります。

実際に飲食店同様に独立する人が多い業界の一つでもあります。

アパレル業界の給料が安い理由

前述したように利益が稼ぎにくい業界であることも理由の一つになりますが、現場のアパレル店員の場合は、自腹で自社商品を買って着用しながら働く必要がある事や、アパレル店員になるので身だしなみに費やす出費も馬鹿にならない点が挙げられます。

そのため、手取りの給料から仕事のための出費を考慮すると、入社したばかりの新入社員は生活にゆとりを持てない可能性はあります。

もちろん、入社するアパレル企業によっても待遇は様々なので、何とも言えませんが、卸売りが中心のアパレルショップの店員ですと、給料は低い水準になりやすいです。

逆に自社開発などをしている大手のアパレル企業でしたら、現場のアパレル店員でしたら、給料が高い…と言う事は少ないですが、他の業界の初任給と大きな差は付かないと思います。

アパレル業界で働き続ける覚悟

店舗の店員の給料は、全業界の給料水準から見ても低い傾向になるので、ずっと現場の店員として働き続ける事はオススメしません。

もし、アパレル業界で働き続けるのでしたら、キャリアを積みながら、店長、エリアマネージャーとして出世していく事を考えたり、専門職に就くようにしましょう。

専門職の例としては、バイヤー、MD、生産管理、プレス、パタンナー、企画、デザイナーなどが挙げられます。

バイヤーやMDなどになって、勤続年数も重ねれば、年収も500~600万円を超えるようになります。

また、バイヤーやデザイナーに関しては、結果次第では年収1千万円を超える人も少なからずいらっしゃいます。

そのため、アパレル業界として働く事を考えるなら、10年、20年先の自分を考えながら働く事が大切になります。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク