入社した企業で3年間働かないと他の会社に転職できないのか

8d4e4a08c7cee6697e44a47b3fbdbb9d_s

最近は言われる事は少なくなってきましたが、年配の人や中堅クラスの社員になると、辞めようとする社員に対して、

「最低でも3年間は働かないと次の転職先は見つからない」

「この会社で長続きしないのなら、どこにも通用しない」

上記のような脅しと言っても良い発言をして、社員を辞めさせないようするケースがあります。

安心しては欲しいのは、早期退職…例えば新卒として入社した会社に、1年も勤めていなくても転職する事は可能です。

もし、早期退職すると転職先がないのでしたら、第二新卒といった言葉はそもそも生まれていません。

また、最近は若者が積極的に転職活動を始めることから、第二新卒をターゲットにした転職エージェントもあります。

少し前は知名度がそれ程ない中堅の転職エージェントが中心でしたが、需要の拡大から大手の転職サイトも、最近は20代の若手を対象にしたサービスを展開し始めています。

また、当然ですがサービスが成り立つという事は、第二新卒を求める企業と、第二新卒の数が増えている事を示しています。

なお、「この会社で長続きしないのなら、どこにも通用しない」といった言葉は一切気にする必要はありません。

人によって合う合わないはありますし、そもそも上記のような発言をする上司がいる時点で、他の会社よりも働きやすかったり、仕事が緩いとは到底も思えません。

自分よりも年上の社会人だから、自分よりも社会を知っている…とは思わない方が良いです。

社会人としての経験を順調に積み重ねている人もいれば、時代から取り残されているような人もいる事を忘れないようしましょう。

スポンサーリンク

若者の早期退職のメリットとデメリット

edc91736beee8fcedeb9643f26711e2c_s

入社3年以内に退職をしても転職先を見つける事は自体は、世間で言われる程に難しくはありませんが、一方でデメリットが無い訳ではありません。

そのため、メリットとデメリットをよく考えた上で検討する必要があります。

下記からは、メリットとデメリットについて述べて行きたいと思います。

早期退職によるデメリット

まず、「3年間働く必要がある」といった言葉が頻繁に出る理由は、簡単に言えばキャリアとして認められる裏付けになりやすい事が挙げられます。

1年、2年程度で「~の仕事の経験があります」といっても、それ程高いスキルがあると判断されません。

逆に3年以上でしたら、一定のスキルはあるだろうと認められやすいと言えます。

そのため、キャリアアップを目指す転職をするのでしたら、3年以上の勤続は一定のメリットはあると言えます。

逆に、他業種で1から経験を積みたい人や、未経験者として働き始める覚悟がある人の場合でしたら、それ程気にする必要は無いかもしれません。

また、仮に1~2年程度の勤続年数でも、営業などで具体的な数字…要は売上やノルマの達成といった実績を出していたり、資格や賞などを取っているのでしたら、勤続年数の裏付けが無くても十分評価して貰えますし、キャリアアップも可能と言えます。

逆に、3年以上働いていても、企業に貢献できるような経験を積んでいないのでしたら、むしろ「3年以上働いていて碌に経験を積めていないのか…」と低評価を受ける可能性もあります。

そのため、自分を成長させられない会社で働くと、早期退職した新入社員よりも不利になる可能性もあると言えます。

早期退職によるメリット

デメリットの部分で少しメリットの部分も述べてしまいましたが、簡単に述べて行きたいと思います。

やはり、早い段階で会社に見切りをつけることができるので、次に挑戦できる点と言えます。

ブラック企業などで長く働いていると体や心を壊し再起不能になる可能性もありますし、あなたが描く将来と入社した会社の仕事内容が全く一致していないのでしたら、時間を無駄に消費せずに転職した方が効率的と言えます。

会社で学べる事に無駄なことは無いと述べる人はいらっしゃいますし、それを否定するつもりはありません。

ただ、既にやりたい仕事が決まっているのでしたら、遠回りせずに、さっさと転職した方が良いと思います。

例としては、スポーツでサッカーがしたいのに、間違って野球部に入ってしまっても、野球部の体力作りや筋トレは将来的にサッカーをする際に無駄にはなりませんが、それだったらサッカー部に入った方が時間を無駄にしません。

分かりやすくするために、仕事とは関係が無い部分例になりましたが、簡単に言えば上記のような感じになります。

もちろん、趣味のスポーツと仕事を同じにするべきではありませんし、早期退職を「我慢がない社会人」と判断する会社もあります。

一方で、最初に述べたように、第二新卒を積極的に採用する会社もあります。

まずは、その第二新卒を採用している会社の中に、やりたい仕事ができる会社や、今の会社よりも待遇が良い会社があるか調べてみてはどうでしょうか?

行動する前から、「今の企業で最低3年は働かないと転職できない」と思い込むことだけは避ける事をオススメします。

不安なら転職エージェントを利用する

6f464d7157da4356ed8a1435b96fa89f_s

転職サイトを利用して、第二新卒が応募できる求人や未経験者歓迎の求人を探して選考を受けるのが一般的です。

しかし、転職活動に不安を感じていたり、早期退職でも本当に転職先を見つけられるのか不安を感じているのでしたら、転職エージェントを利用して、無料の転職支援を受けてみて下さい。

転職エージェントのキャリアコンサルタントや担当のスタッフと相談しながら希望に合った求人の紹介から応募書類の書き方、面接の受け方までサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりも不安は少ないです。

働きながら面談を受ける時間を作るのは大変ですが、一度相談して、転職活動の進め方だったり、今の職歴で、どのような会社に応募できるのか確認して置いた方が、退職後に転職活動を始めるよりもスムーズに転職先が進むとい思います。

⇒ブラック企業から転職するのにオススメの転職サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク